『ハドソン川の奇跡』キネマ旬報 海外映画ベスト・テン1位&監督賞


映画情報どっとこむ ralph この度、監督 クリント・イーストウッド × 主演 トム・ハンクス『ハドソン川の奇跡』が1月10日に発表された第90回キネマ旬報 ベスト・テンにおいて海外映画ベスト・テン1位を受賞しました!

さらに、本作の監督を務めたクリント・イーストウッドが外国映画監督賞を受賞たしました!!

キネマ旬報 ベスト・テンとは

現在まで続いている映画雑誌として、最も長い歴史を誇る『キネマ旬報』が選出する映画賞です。映画評論家を中心に、映画を数多く鑑賞する100名以上の選者による中立的な映画賞です。

映画情報どっとこむ ralph
あの航空機事故の知られざる衝撃の実話!

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、監督 クリント・イーストウッド × 主演 トム・ハンクス『ハドソン川の奇跡』を2017年1月25日(水)にブルーレイ&DVDセット、4K ULTRA HD&2Dブルーレイセットを発売、ブルーレイ&DVDレンタルを開始いたします。

また、同日にデジタルレンタルの配信を開始いたします。また、デジタルセルは先行配信中です。

映画『ハドソン川の奇跡

物語・・・
2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた飛行機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都会の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリーはそれを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒の事だった。航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、”全員生存”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛されるーはずだった。ところが、機長の”究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう・・・。

HP:www.hudson-kiseki.jp
♯ハドソン川の奇跡

監督:クリント・イーストウッド(『アメリカン・スナイパー』『硫黄島からの手紙』)
キャスト:トム・ハンクス(『ダ・ヴィンチ・コード』『フォレスト・ガンプ/一期一会』)、アーロン・エッカート『ダークナイト』、ローラ・リニー他

配給:ワーナー・ブラザース映画
©2016 Warner Bros. All Rights Reserved
    
***********************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ