『ホンマタカシ ニュードキュメンタリー特集上映』が好評につき続映が決定!!


映画情報どっとこむ TJ 1月6日(金)のクロージングトークには、音楽家の蓮沼執太が登壇。

渋谷シアター・イメージフォーラムより公開中の写真家ホンマタカシによる映像の特集上映『ニュードキュメンタリー』が、好評につき1月6日(金)までレイトショーにて続映が決定!
最終日である1月6日(金)には、上映作品『きわめてよいふうけい』終了後、音楽家の蓮沼執太を迎えてクロージングトークを行います。写真、音楽とそれぞれ別のフィールドで活躍しながら、分野の枠組みにとらわれず表現していく2人からはどんな話が聞けるのでしょう。

ホンマにとって『ニュードキュメンタリー』とは、一般的なドキュメンタリー映画の枠にとらわれない、物語と作り手の意図を越えた映像の可能性について、写真と映画、ビデオアートの中間領域に見いだそうとする取り組みです。

来年4月に大阪、名古屋での映画館上映が決定し、ならびに各地の美術館での上映へと広がっていっています。

映画情報どっとこむ TJ 【トークイベント概要】
1月6日(金)21:00の回 『きわめてようふうけい』上映後 
登壇:ホンマタカシ(写真家・映画監督)
ゲスト:蓮沼執太(音楽家)
場所:渋谷シアター・イメージフォーラム

蓮沼執太(音楽家)プロファイル
1983年、東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演をはじめ、映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどでの制作多数。近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。
タブラ奏者U-zhaanとの共作アルバム『2 Tone』をcommmonsより2月22日にリリース。
文化庁・東アジア文化交流使として中国・北京に滞在し個展『compositions』を開催。

映画情報どっとこむ TJ スケジュール ※すべて21:00上映スタート

2016年
12.29(木)『最初にカケスがやってくる』
12.30(金)『最初にカケスがやってくる』
12.31(土)休映
2017年
1.1(日)『最初にカケスがやってくる』
1.2(月)『あなたは、あたしといて幸せですか?』
1.3(火)『あなたは、あたしといて幸せですか?』
1.4(水)『あなたは、あたしといて幸せですか?』
1.5(木)『最初にカケスがやってくる』
1.6(金)『きわめてよいふうけい』+トーク


ホンマタカシニュードキュメンタリー映画 特集上映 12.10(土)からシアター・イメージフォーラムほか、全国順次公開中!

公式サイト:
betweenthebooks.com



映画情報どっとこむ TJ 【ニュードキュメンタリー 作品詳細】

『After 10 years』

初の長編ドキュメンタリー。2004年12月スマトラ島沖地震の津波によって、甚大な被害を被ったホテルの10周年追悼式典までの1週間を追う。10年の時を経たひとつの出来事が、人々の記憶の中でどのように変容し、立ち現れるか、当時を振り返る人々の証言と静謐な映像で描き出される。舞台となる海に面した美しいリゾートホテルは、スリランカの建築家ジェフリー・バワの傑作ヘリタンス・アフンガラホテルだ。
(2016年/日本/101分/カラー/16:9/日英字幕)

『最初にカケスがやってくる』

8年の冬を通し、知床のエゾジカ猟を取材・撮影。真冬の雪山で猟師によって捕えられた鹿は、血抜きのためその場で内臓を山に還される。そこに、最初についばみにくるのはカケスだった。
美術館におけるホンマ初の巡回展「ニュー・ドキュメンタリー」(2011年東京オペラシティ アートギャラリー、金沢21世紀美術館など)で発表された、狩猟の痕跡を捉えた「trails」シリーズの続編。
・68分バージョン
増え続けるエゾジカと高齢化する猟師など、現代の狩猟文化が抱える問題を浮き彫りにし、猟から解体、流通、食卓までを映す。
(2016年/日本/68分/カラー/16:9/英語字幕)

『あなたは、あたしといて幸せですか?』

本作は、演出家の飴屋法水とその妻コロスケ、そして6歳の娘くるみ、実の家族3人が出演する舞台『教室』を、上演された清澄白河にある小劇場「SNAC」を歩道から定点カメラで捉えた作品。中で繰り広げられている演者たちの台詞と熱気による、非日常的な気配と、歩道を行き交う人々の街の日常がスクリーンで交錯する。
青柳いづみを追ったドキュメンタリー『女優』(2016年制作)を併映。
(2016年/日本/70分/カラー/16:9/出演:飴屋法水ほか/英語字幕)

『きわめてよいふうけい』

写真を撮る、日記を書く、自転車を漕ぐ、海辺に佇む……。中平の暮らす横浜の風景を織りまぜ、彼の日常を穏やかに切り取った、ホンマタカシの意欲作。森山大道が語る中平像も必見。12月の公開では、追加ショットを加え上映。さらに関連作品『暗室』(2016年制作)を併映する。
(2004年/日本/40分/カラー/4:3/出演:中平卓馬、森山大道ほか/英語字幕/製作・配給リトルモア+スローラーナー/製作協力:オシリス)

***********************************

制作:between the books  
配給協力・宣伝:mejiro films
(C)Takashi Homma New Documentary
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ