斎藤工から「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」応援コメント動画


映画情報どっとこむ TJ 来年3月2日(木)から3月6日(月)に開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」。

毎年業界内外から注目を集めるコンペティション部門の審査員が決定!!

大賞となるファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門には、審査委員長に『不良番長』などで知られる内藤誠監督が就任。
他にも『女体銃 ガン・ウーマン/GUN WOMAN』などカルト的人気を誇る光武蔵人監督、海外からは、プチョン国際ファンタスティック映画祭・実行委員長のチェ・ヨンベ氏、KINOTAYO現代日本映画祭実行委員会のディミトリ・イアンニ氏らが参加し、様々な視点から作品を審査します。

さらに、毎年多彩な作品が集まるインターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門では、これまで作品ゲストで映画祭に参加してきた“常連”の女優・武田梨奈さんが、ついに初の審査員として登場!

「最年少審査員として、沢山の映画と人に触れたい」と熱く意気込みを語っている。そのほかにも、『トイレのピエタ』で高い評価を得た松永大司監督やアニメーション監督の八代健志氏など注目のクリエイターが審査員として参加します。

映画情報どっとこむ TJ 人気俳優・斎藤工さんから、応援コメント動画が到着!



「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」の開催にあたり、無類の映画好きとしても知られ、本映画祭ともゆかりの深い俳優・斎藤工さんから応援コメント動画が寄せられた。

斎藤さんは本映画祭の印象について、「ほかの映画祭にはなかなかない、実家のこたつのような、あたたかくて居心地のものすごく良い映画祭」とコメント。

今後も行けるときは必ず参加したいと語り、映画祭へ熱いエールを送っている。

映画情報どっとこむ TJ これまでも幾多の才能を発掘し世に送り出して来た本映画祭のコンペ部門、多種多様な審査員によってどんな作品がグランプリに選ばれるのか、ご注目!

【ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017】

公式サイト:
yubarifanta.com
Twitter:@yubarifanta

≪ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門≫
【審査委員長】
◆内藤誠(監督)
「多くの監督の登龍門となった映画祭なので、緊張しながらも新しい才能を期待しています」

【審査員】
◆チェ・ヨンベ(プチョン映画祭・実行委員長/プロデューサー)
◆ディミトリ・イアンニ(KINOTAYO現代日本映画祭/フランス)
◆光武蔵人(監督)
◆ほたる(女優)

≪インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門≫
【審査員】
◆松永大司(監督)
◆八代健志(アニメーション監督)
◆武田梨奈(女優)
「いつもは自分の作品を上映してもらう立場での参加だったので、まさか審査員として参加する日が来るとは思いませんでした…!最年少審査員として、沢山の映画と人に触れ、“世界で一番、楽しい映画祭”を堪能したいです」

***********************************

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ