ブラッド・ピット x マリオン・コティヤール『マリアンヌ』日本オリジナル予告完成!


映画情報どっとこむ ralph ブラッド・ピットがアカデミー賞監督ロバート・ゼメキスとタッグを組んだ主演最新作『マリアンヌ』が、2017年2月10日(金)に公開!
タイトルの秘密を抱える女である“マリアンヌ”を、『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』でアカデミー賞主演女優賞に輝いた実力派マリオン・コティヤールが務める本作は、衝撃的な真実に向き合いながらも愛する人を信じて運命に立ち向かう2人が繰り広げる切ないラブストーリーです。

今回!日本のためだけに制作された、情感たっぷりの日本オリジナル予告編が完成!
因に12月31日(土)より、全国の劇場(一部を除く)にて上映される予定です!

映画情報どっとこむ ralph 車内での熱烈なキスシーンをはじめ、見つめ合う二人の麗しさと真に迫る熱演に思わず「二人の間には映画を超えた真実の愛があるのでは?」と疑いの目が向くほど、情熱的でエモーショナルな姿が印象的な本映像。

運命に導かれるように出会ったマックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)が戦時下という激動の時代に愛を育み確かめ合う、ロマンティックなムードたっぷりの雰囲気は、妻に向けられたまさかの疑惑で一変。疑惑が本当なら自らの手で愛する妻を始末するよう非情な命令が下ったマックスは、タイムリミットが近づく中、信じたい愛の為に無実の証明に奔走しつつも渦巻く疑念に揺れ動きます。

何度涙を流せば愛する妻を守れるのか?覚悟を決めた眼で遠くを見つめるマリアンヌが流した涙の意味とは?ラストにマックスが見せるあまりにも痛々しく切なさがにじむ雨中の涙の訳は?これまでの映像では明かされてこなかった、二人の苦悩と涙の決断が映し出されており、待ち受ける感涙の結末を予感させる仕上がりとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 本年のGOOGLE検索ワードランキング(全世界版)では、俳優部門で、ブラッド・ピットが1位、女優部門では、マリオン・コティヤールが2位になるなど全世界的に注目を集めた二人。互いに否定はしているものの、劇中では“真剣愛”と見まがうほどの雰囲気を醸し出しており、その姿はまるで本当の夫婦のよう!そのリアルさは、観る者の涙を増幅させる要素のひとつとなっているのかも?!

マリアンヌ
原題:ALLIED

愛する妻に向けられた、信じられない“疑惑“ 72時間以内に疑いを晴らせなければ、妻の命はこの手で奪うことになる

1942年、カサブランカ。マックス(ブラッド・ピット)とマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は出会った。極秘諜報員とフランス軍レジスタンス――決して交わることのない人生を歩んでいたふたりは、ある重大なミッションによって引き寄せられる。それは夫婦を装い、敵の裏をかき、ドイツ軍大使を狙う作戦だった。そして終戦を迎え、ロンドンで再会したふたりだったが、彼らには決して人には言えない「ある秘密」を抱えていたのだった。

***********************************

監督:ロバート・ゼメキス 『フライト』『キャスト・アウェイ』『フォレスト・ガンプ/一期一会』
主演:ブラッド・ピット、マリオン・コティヤール/リジー・キャプラン 、マシュー・グード
  
全米公開:2016年11月23日  
(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ