『MILES AHEAD』初日 音楽担当ロバート・グラスパー登壇!


映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ルワンダ』(04)でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされた実力演技派俳優、ドン・チードルが監督、主演、脚本、製作を 務め『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』が12月23 日(祝・金)に初日を迎えました。

mails-ahead%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc%ef%bc%93そして!

2度のグラミー賞に輝き、今年のフジロックでは圧倒的なパフォーマンスでオーディエンスを魅了。ジャズ~ヒップホップ~R&Bをつなぐ稀代の才 人ロバート・グラスパーが、ブルーノート東京でアコースティック・トリオで来日公演を終え、急遽初日舞台挨拶に駆けつけ登壇しました。

『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』初日舞台挨拶

日程:12月23日 (金・祝)
会場: TOHOシネマズ シャンテ
登壇: ロバート・グラスパー(ジャズピアニスト)

映画情報どっとこむ ralph mails-ahead%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc2
音楽を担当したロバート・グラスパー来日、緊急登壇!!

MC:サウンドトラックを作る際に心掛けたことは?

「最初はマイルスの音楽を担当することは、とてもプレッシャーを感じたし、 怖かった。いろいろ悩んでいたんだけど、ドンがマイルスの音楽要素に、僕 自身の要素も加えてほしいと言ってくれたんだ。マイルスは、ジャズミュージ ックの垣根を越えて時代を象徴した音楽を作った人として知られている。だ から僕は、そこに少し〝未来“を意識したエッセンスを取り入れてレコーディ ングに挑んだよ」

MC:”ジャズの帝王”マイルス・デイヴィスとは

「僕にとってマイルス・デイヴィスはひとりの素晴らしいトランペット奏者、とい うのではなく、〝アイディア“そのものなんだ。 自由、恐れない心、進化、前進…あらゆるアイディアをくれるんだよ。偉大 なミュージシャンだね。」

MC:日本の観客へメッセージ

「映画の一番の見どころは、ラストのセッションシーン。なんてったって僕が出演しているんだからね!(笑)というのは冗談 で、本当にこの映画自体とても素晴らしい作品となっているから、オープンマインド(自由な発想)を持って観てほしい。 マイルス・デイヴィスは普通の人ではない。だから普通の映画だと甘く見てちゃいけないよ。覚悟してね!」

映画情報どっとこむ ralph mails-ahead%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%bc1 初回に駆けつけた観客でほぼ満席の場内で観客含め皆で行われたフォトセッションでは、おどけた表情やキメキメのポーズをとるなど、フランク な人柄で楽しませてくれたグラスパー。

マイルス・デイヴィスの生誕90年、没後25年のマイルスのメモリアル・イヤーとして2016年は、彼に捧げるトリビュートアルバム「エブリシングス・ビューティフル」、その他ロバート・グラスパー・エクスペリメント名義で「アートサイエンス」を発表。マイルスの意志を引き継ぎ、新世代のジャズシーンを牽引するグラスパーは連日のライブ公演の疲れを見せることなく、笑顔で締めくくった。



ジャズ史上最大のアイコン、マイルスへ捧ぐ 豪華ミュージシャンが集結!

12 月 23 日(祝・金)より TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

公式サイト:
Miles-Ahead.jp

miles-ahead
***********************************

監督・主演・共同脚本・製作:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』)

出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルデイ

音楽:ロバート・グラスパー
原題:Miles Ahead /2015 年 アメリカ映画/上映時間:101 分/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:小川隆夫/PG-12

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ