Bastille Dayが邦題『フレンチ・ラン』に決定!予告解禁


映画情報どっとこむ ralph 次期ジェームズ・ボンド役も噂される『パシフィック・リム』のイドリス・エルバ主演の痛快バディ・アクション「Bastille Day」(原題)の邦題が『フレンチ・ラン』に決定し、2017年3月4日(土)渋谷シネパレスほか全国順次ロードショーが決定!!

%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%83%a9%e3%83%b3
併せて、予告編も解禁となりました!

命令無視は当たり前、己の嗅覚にのみ従うCIA捜査官ブライアーと、ベガスからフランスに流れ着いたお調子者の天才スリ、マイケル。

パリで起こった爆弾テロ犯の濡れ衣を着せられたマイケルをブライアーが逮捕したことから、決して交わるはずのない二人がコンビを組み、真犯人を追うことに。

そう!ここに新たなバディムービーが誕生となったのです!

芸術とワインの都パリの美しい街並みを舞台に、歴史も景観もおかまいなしの破天荒コンビが繰り広げる破壊的アクションに、パリ市民大激怒!?

このたび解禁された予告編が捉えるのは、アウトローなCIA捜査官ブライアーと天才スリ、マイケルの激しいアクションの連発!爆弾テロの容疑をかけられたマイケルとそれを追うブライアーがアパートの屋根で危険な攻防戦を繰り広げた後、凶悪テロ組織が計画したテロを阻止すべくタッグを組んだ2人に襲い掛かる罠。派手なカーアクションに激しい銃撃戦。

果たして、 “ハミ出し者”の異色コンビの2人は革命記念日に仕掛けられたテロを食い止め、美しいパリの街を守ることができるのか。ジェット・コースタームービーのハラハラ・ドキドキの展開が十分に伝わってくる予告編となった。

映画情報どっとこむ ralph アウトローなCIA捜査官・ブライアーを演じるのは、アクションからドラマまで幅広い役柄を演じ分け、次期ジェームズ・ボンドの呼び声も高いイギリス人俳優、イドリス・エルバ。

腕っぷしは弱いが、抜群のスリテクニックでブライアーをサポートするマイケルを人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」や『シンデレラ』のリチャード・マッデンが演じる。

監督は『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』や『バイオレンス・レイク』のジェームズ・ワトキンス。監督との共同脚本にはユニバーサルのタイトル未定のボーン・シリーズの台本も書いているアンドリュー・ボールドウィンが名を連ねています。

映画『フレンチ・ラン
原題:Bastille Day

は3/4(土)より渋谷シネパレスほか全国順次ロードショーです。

物語・・・
パリ、革命記念日前夜、市街で爆弾テロが発生。容疑者として浮上したのは、スリの若者マイケル。捜査を担当することになったCIA捜査官ブライアーは、イラクで命令を無視し、テロリスト6名を射殺した当局きってのアウトロー。いち早くマイケルを確保したブライアーは、彼が無実であることを感じ取る。ブライアーはマイケルの抜群のスリテクニックを買い、自らの無実を証明するために、捜査に協力することを持ちかける。誕生した“CIAとスリ”による前代未聞のコンビは、真犯人を探すため、パリの街を疾走する!そして、「36時間後の革命記念日にパリの街を制圧する」という犯行声明が出たことから、事件はフランスの国家的危機へと発展していくー。真犯人は誰なのか?事件に隠された巨大な陰謀とはー?

***********************************

監督:ジェームズ・ワトキンス『ウーマン・イン・ブラック亡霊の館』 

出演:イドリス・エルバ『パシフィック・リム』、リチャード・マッデン「ゲーム・オブ・スローンズ」  

2015年/フランス・アメリカ/英語/92分/カラー/シネスコ
字幕翻訳:齋藤敦子
配給:ギャガ・プラス  
©2016 StudiocanalS.A. TF1 Films Production S.A.S. All Rights Reserved
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ