ケン・ローチ監督:最大ヒット『わたしは、ダニエル・ブレイク』予告編到着!


映画情報どっとこむ ralph 来年3月18日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開の『わたしは、ダニエル・ブレイク』の予告編が完成!

2016年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した本作は本国イギリスではすでに公開され、ケン・ローチ作品史上最大のヒットを記録。

同監督にとって日本公開の来年は長編映画デビューから50周年を迎える記念イヤーです。

%e3%80%8e%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%af%e3%80%81%e3%83%80%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af%e3%80%8f%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
80才を迎えた名匠が、今だからこそ伝えたいテーマを題材に、監督人生の集大成として製作にかけた思いが珠玉の名作を生み出しました。生活することが困難になり追いつめられていく主人公ダニエル・ブレイクが、それでも人間としての尊厳を失わず、同じように苦しむ人を必死に助けようとする姿に世界が涙した物語です。

映画情報どっとこむ ralph 解禁となる予告編では・・・



ダニエルとシングルマザーのケイティと子供たちの交流が描かれ、悲惨な環境にありながら、ダニエルとの交流を通して家族が希望を取り戻していく様子や、ケイティの娘デイジーがそれまで助けてくれる存在だったダニエルの窮状に、「私たちを助けてくれた。だから助けさせて」と救いの手を差し伸べるシーンが感動的に描かれています。

映画情報どっとこむ ralph 本作は世界を捉えているー 健全に生きる権利、なんとか生き抜く権利さえも刻一刻と奪われる、私たちの世界を。痛烈で、心動かす作品。
—–VARIETY

共感を呼ぶ苦痛や怒り。本作が持つ説得力は誰も否定できない。
—–SCREEN DAILY

映画情報どっとこむ ralph %e3%80%8e%e3%82%8f%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%af%e3%80%81%e3%83%80%e3%83%8b%e3%82%a8%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%af%e3%80%8fs1
わたしは、ダニエル・ブレイク

2017年3月18日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次

物語・・・
イギリス北東部ニューカッスルで大工として働く59歳のダニエル・ブレイクは、心臓の病を患い医者から仕事を止められる。国の援助を受けようとするダニエルだったが、複雑な制度が立ちふさがり必要な援助を受けることが出来ない。悪戦苦闘するが、シングルマザーのケイティと二人の子供の家族を助けたことから、交流が生まれる。貧しいなかでも、寄り添い合い絆を深めていくダニエルとケイティたち。しかし、厳しい現実が彼らを次第に追いつめていく。

公式HP:danielblake.jp

***********************************

監督:ケン・ローチ
脚本:ポール・ラヴァティ
出演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ、ほか
2016年/イギリス、フランス、ベルギー/英語/100分/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/原題: I, DANIEL BLAKE/日本語字幕:石田泰子

提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド

Bri;sh Film Ins;tute 2016

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc;ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri;sh Broadcas;ng Corpora;on, France 2 Cinéma and The Britsh Film
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ