キース・スタンフィールドにも注目!『MILES AHEAD』


映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ルワンダ』(04)でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされた実力演技派俳優、ドン・チードルが監督、主演、脚本、製作を務める

MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の 5 年間

が 12 月 23 日(祝・金)より TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショーとなります。
miles-ahead 没後25年マイルス・デイヴィス 初の映画化! ジャズ・ミュージックの歴史を語るうえで欠かすことのできない巨人であり、既存のジャンルや スタイルの枠を軽々と打ち破って革新的なサウンドを創造したマイルス・デイヴィス。『ホテル・ルワンダ』や『アベンジャーズ』シリーズの名優ドン・チードルが監督 デビューを飾った本作は、クラウド・ファンディングで制作資金を募ってまで実現にこぎつけた念願のプロジェクト。マイルスのキャリア空白期にスポットをあて、偉大 なる”帝王”の音楽と人生の本質に迫っている。

映画情報どっとこむ ralph miles4_r_r そして!今回ご紹介したいのが・・・抜群の存在感!ネクストブレイク確実の若手俳優、

キース・スタンフィールド。

トランペットを手放しキャリア終焉の機器に瀕したマイルスの前に現れたのは、若手トランぺッター、ジュニア。若 かりし日のマイルスがそうであったように、音楽を愛するが故の純粋な好奇心と貪欲さを併せ持ち、自身の音を 求めチャンスをつかみ取ろうとする彼の存在は、マイルスの目にどう映ったのか。
miles3_r_r この重要なキャラクターを演じて いるのは、今注目の若手俳優キース・スタンフィールド。

『ルーム』のブリー・ラーソン主演、『ショート・ターム』で長編映画デビューを飾ったキース。この作品は監督のデ スティン・ダニエル・クレットンが大学の課題として撮った中編映画を長編にリメイクしたものだが、前身の中編作 品から続けて出演した役者はキースのみ。

長編を製作することが決まった時、彼は俳優業を離れていたが「どう しても彼じゃないとダメだ」というクレットン監督の説得により、映画界に復帰。そんな監督の思惑通り、新人とは思えぬ圧倒的な存在感を見せつけ、インディペンデント・スピリット賞助演男優賞にノミネートされる。

その後 本格的に俳優業をスタートさせ、『パージ:アナーキー』(14)、『グローリー/明日への行進』(14)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(15)、『DOPE/ドープ!!』(15)など数々の話題作へ出演。長身と整 ったルックスに、どこか儚げでアンニュイな雰囲気を漂わせる唯一無二の魅力を生かし、着々と人気俳優へと成長を遂げている。

今後の公開作は、オリバー・ストーン監督の『スノーデン』(2017 年 1 月 27 日公開)、最近続編が公開され話題を呼んだ大ヒットシリーズ『DEATH NOTE』のハリウッド版で、日本では松山ケンイチが演じ高い評価を得た、天才探偵 L 役に挑んでいます!

映画情報どっとこむ ralph miles5_r_r そんなキース・スタンフィールドも出演

『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の 5 年間』

miles-ahead1970 年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼のカムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良 に苦しみ、ドラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。やがてデイヴと行動を共にする うちに、悪辣な音楽プロデューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起 への希望の光なのか……。

12 月 23 日(祝・金)より TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

***********************************

監督・主演・共同脚本・製作:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』)

出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルデイ
音楽:ロバート・グラスパー
原題:Miles Ahead /2015 年 アメリカ映画/上映時間:101 分/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:小川隆夫/PG-12

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:Miles-Ahead.jp
宣伝:樂舎(山本・楽満・山崎・渡辺・播磨・和氣)

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ