小芝風花 x 香川京子映画『天使のいる図書館』公開日決定!キービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 小芝風花さんが主演。映画『天使のいる図書館』が2月11日(土)より奈良県にて先行公開、2月18日(土)よりシネマート新宿ほかで全国順次公開されることが決定しました!

美しい景観に恵まれた神話の里・奈良県葛城地域を舞台に、小芝さんが演じる新人司書の吉井さくらが“ある理由”で図書館を訪れた老婦人との交流を通じて、地域の歴史や文化を理解し人間的に成長していくという心温まるストーリー。

物語の舞台は、歴史的建造物が多数存在し、四季折々の美しい景観に恵まれた神話の里として有名な、奈良県葛城地域。全編を通して撮影が行われた景観も絶品です。そんな大和高田の満開の千本桜をあしらったキービジュアルが解禁となりました。
%e5%a4%a9%e4%bd%bf%e3%81%ae%e3%81%84%e3%82%8b%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
主人公のさくらは、図書館に勤務する新人司書として“レファレンスサービス”と呼ばれる、図書館利用者からの本に関する相談の手助けをおこなう業務をおこなっています。しかし、超合理的な考えの持ち主であるさくらのレファレンスは、上司や同僚からは理解してもらえず、空回り気味。

そんな中、芦高礼子と名乗る老婦人のレファレンスを担当する事になり、そこから徐々にさくらの気持ちに変化が起こり始めます。

さくらを演じるのは、14年に自身初映画となる『魔女の宅急便』で主演を務め、同作で「第57回ブルーリボン賞」の新人賞を受賞した小芝風花さん。ある出会いをきっかけに人間的に成長していく様子を、魅力いっぱいに演じています。さくらの気持ちに変化を起こすきっかけとなる人物・芦高礼子役には、昭和を代表する名女優として知られる香川京子さんが務めます。更には、次世代を担う若手俳優として注目を集める横浜流星さんや、森本レオさん・内場勝則さんらベテラン俳優陣が脇を固めます。監督は、合唱を通して成長していく高校生たちを描いた、映画『桜ノ雨』のメガホンを取ったウエダアツシ監督が務めています。

映画『天使のいる図書館

2月11日(土)より奈良県先行公開「TOHOシネマズ橿原、イオンシネマ西大和」
2月18日(土)よりシネマート新宿、大阪ステーションシティシネマ他、全国順次公開

***********************************

出演:小芝風花
横浜流星、森永悠希、小牧芽美、飯島順子、吉川莉早、籠谷さくら、桜井歌織、松田 岳、美智子/内場勝則 森本レオ 香川京子

監督:ウエダアツシ 脚本:狗飼恭子
原案・エグゼクティブプロデューサー:山国秀幸 
プロデューサー:吉見秀樹/彦惣康宏/長田安正 アソシエイトプロデユーサー:宮崎 大 
協力プロデューサー:柳瀬太郎/中 亮介 
撮影:松井宏樹 照明:佐藤宗史 録音:弥栄裕樹 
装飾:中谷暢宏 スタイリスト:篠塚奈美/中田麻未 
ヘアメイク:堀口有紀 音楽:佐藤和生 
キャスティング:福田真弓 
助監督:土岐洋介 
制作担当:見寄修蔵 
ラインプロデューサー:梅本竜也
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ