チェンクロ 山下大輝、佐倉綾音よりメッセージ動画が到着!


映画情報どっとこむ TJ 『チェインクロニクル ~ヘクセイタスのひかり閃~』

スマホRPG「チェインクロニクル」は、2013/7/26にサービスがスタート。総ダウンロード数500万回を超える大人気RPGとして、3年経った今もなお、愛され続けています。

「チェンクロ」をゲームと劇場で楽しんじゃおう!というコンセプトから、3周年を記念し、全3章で上映版を制作し、3ヶ月連続の上映。 

第1章は12/3から、第2章は2017/1/14から、第3章は2017/2/11から、それぞれ2週間限定で順次イベント上映が決定、現在、第一章が絶賛上映中です!
%e7%b7%9a%e9%bb%92%e5%b1%b1%e4%b8%8b%e5%a4%a7%e8%bc%9d_%e4%bd%90%e5%80%89%e7%b6%be%e9%9f%b3 そんな、チェンクロファンのために、アラム役の山下大輝さんと、フィーナ役の佐倉綾音さんより、オフィシャル動画メッセージが到着しました!


映画情報どっとこむ TJ 第1章 物語
世界の全てを記述した本、“チェインクロニクル”を巡る物語。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ab最果ての大陸“ユグド”。 住人達は自分たちの住むその大陸が、世界の広さのすべてだと思っていた。
大陸はいくつかの領地に分かれ、それぞれの地に王が存在していた。
各勢力によって、小規模戦闘が起きる事はあっても 諸王たちの円卓会議により選ばれた“盟王”によって、バランスが保たれていた。
暗黒の魔物“黒の軍勢”が現れるまでは?

「全ては闇に覆われる…」黒の軍勢に挑んだユーリ率いる義勇軍だったが、力及ばず敗退。
さらにはチェインクロニクルの半分を黒の王に奪われてしまう。
黒の王によって占領されてしまった王都。その王都から撤退する最中、ユーリたちはたった一人で黒の軍勢と戦う少年と遭遇する。

この世の全てが記述された本“チェインクロニクル”をめぐる、黒の軍勢と義勇軍たちの世界の命運を懸けた闘い、そして“キズナ”の物語が、始まる―。


映画情報どっとこむ TJ 第2章 物語
希望の光が、キズナを壊す―。

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%8b%e3%82%af%e3%83%ab%e7%ac%ac2%e7%ab%a0圧倒的な勢力で侵攻する“黒の軍勢”によって王都は陥落した。この脅威に対抗すべく、ユーリやフィーナたち義勇軍を中心に、聖王女ユリアナなど各地の勢力が立ち上がるものの、黒の王の圧倒的な力の前に敗退する。撤退の道中、ユーリはマナを自在に操る少年・アラムと出会う。その姿に新たな希望を見出したユーリは彼を義勇軍に迎え、今一度黒の王と戦う決意を固め討伐軍を組織するが、戦いで受けた傷が黒化し、徐々に彼を蝕んでいった……。
義勇軍の敗退を受け暴動が頻発する聖都では、市民の動揺を抑えるべくユリアナがある決意をする。一方、かつて共に戦った九領筆頭シュザは、己が覇道を突き進まんと討伐軍に刃を向ける。それぞれの思惑と運命が交錯する中、ユーリの意識の奥底でもう一人の自分が囁き始める…。
“勇者”であるが故に縛られる己の運命。世界中の人間が自分に助けを求め“勇者”であることを求めるが“勇者”である彼を救う者は居ない――。世界にとって“戦う器に過ぎない自分”という存在だと突き付けられた時、ユーリの運命の歯車が大きく動き始める。

***********************************

第一章 クレジット
石田 彰 山下 大輝 佐倉 綾音 内田 真礼
豊永 利行 内田 彩 今井 麻美 小岩井 ことり
緑川 光 柳田 淳一 川原 慶久 佐藤美由希
日野 聡 伊藤 美来 村川 梨衣 大坪 由佳
沼倉 愛美 大塚 明夫

原作:セガ
監督・キャラクターデザイン:工藤 昌史
副監督:花井 宏和
シリーズ構成:待田 堂子
美術監督:陳場 大輔
色彩設計:大塚 眞純
撮影監督:荻原 猛夫
CG監督:篠原 章郎
編集:齋藤 朱里
音響監督:はた しょう二
音楽:甲田 雅人
音響制作:サウンドチーム・ドンファン
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム×グラフィニカ
配給:ショウゲート
宣伝:パジー・エンタテインメント/スロウカーブ
パブリシティ:ブラウニー
エンディングテーマ:ナノ「PARAISO」
(C)SEGA/チェンクロ・フィルムパートナーズ
   
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ