『チチを撮りに』大宮初日舞台挨拶


チチを撮りに
チチを撮りに
大宮初日舞台挨拶
『チチを撮りに』

の舞台挨拶が3月2日(土)に行われます。

この作品、監督はSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012でSKIPシティアワードと日本人監督として初の監督賞受賞した中野量太。先日開催された第63回ベルリン国際映画祭では、ジェネレーション部門の正式招待作品として上映されました!期待の若手監督作品です。

イベント:
『チチを撮りに』大宮初日舞台挨拶

日時:3月2日(土)
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ大宮

12:30 上映開始 (上映時間 74分)
上映終了後、舞台挨拶

登壇者:中野量太監督 渡辺真起子、柳英理紗、松原菜野花

この映画のストーリーですが

フリーターの姉・葉月と女子高生の妹・呼春は、母の佐和と3人暮らし。14年前に女の人を作って家を出て行った、父の記憶はほとんどない。ある日、佐和から「離婚したお父さんがもうすぐ死ぬから会いに行って、ついでにその顔を写真に撮って来てほしい」と告げられる・・・。

「死にゆく父の顔を写真に撮る」という“おつかい”と、行き着いた先に待っていた人生の修羅場に奮闘する姉妹を通して、母の思いや家族の絆を描きだす『チチを撮りに』。笑ってちょっぴり涙して、心がじんわり温かい。

「バイバイ、14年前のお父さん。感謝もしてないけど、恨んでもないからね。」

現実を生きる、この母娘の軽やかな“気概”が、私達を元気にする。
人生が愛おしくなる、ユーモアとペーソスに溢れた日本映画。

キャストは

心意気ある母・佐和を体現するのは、『ギリギリの女たち』『ヒミズ』の渡辺真起子さん。柳英理紗さんと松原菜野花さんが演じる姉妹の、可笑しくもリアルな掛け合いが、物語を生き生きと輝かせています。

『チチを撮りに』絶賛公開中です。


********************************************************************


『チチを撮りに』
出演:柳 英里紗 松原 菜野花 滝藤 賢一 二階堂 智 小林 海人
   今村 有希 星野 晶子/渡辺 真起子
脚本・監督:中野量太 プロデューサー:平形則安
撮影:平野晋吾 照明:谷本幸治 録音:島津未来介 音楽:渡邊崇
VFXスーパーバイザー:樋口良 助監督:松尾浩道 製作担当:星野友紀
製作:ピクチャーズネットワーク/日吉ヶ丘ピクチャーズ
配給:デジタルSKIPステーション 協力:コミュニティシネマセンター
©2012 ピクチャーズネットワーク/日吉ヶ丘ピクチャーズ

2012/日本/74分/カラー/ヴィスタサイズ/HD

公式サイト:http://chichitori.com/
twitter : https://twitter.com/chichitori
facebook : http://www.facebook.com/chichitori

関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ