映画『古都』Yuki Saito監督が成田に凱旋舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 主演:松雪泰子 共演:橋本愛、成海璃子
川端康成の不朽の名作が豪華キャストで現代に蘇る!

映画『古都』

その公開を記念いたしまして、12月4日(日)に、地元が成田のYuki Saito監督と小泉一成成田市長による 舞台挨拶を行いました。

12-4%e5%8f%a4%e9%83%bd%e3%80%80%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6
日時:12月4日(日)
登壇者: Yuki Saito監督、小泉一成成田市長
会場:成田HUMAXシネマズ

映画情報どっとこむ ralph 12/3(土)の全国公開翌日。

成田HUMAXシネマズにて行われた舞台挨拶には、成田出身のYuki Saito監督が登壇。

映画を観終わったたくさんのお客さんの大きな拍手に出迎えられ

監督:新しい『古都』を監督したYuki Saitoです。全国公開してから大事な上映の2日目を生まれ故郷で迎えられたのは感慨深いです。

と挨拶。

監督:どうしても地元成田で上映したいとわがままを言いました。京都での舞台挨拶はとても緊張しましたが、今日はとてもアットホームな感じがします!

と笑顔を見せ、

監督:成田市が市をあげて本当にサポートしてくれました。

と感謝。


映画情報どっとこむ ralph 娘たちが海外に行く映画の設定に、自身の海外での体験が関係あるのか?と問われ

監督:成海さん演じる結衣はまさに僕の実体験に近いです。強気で海外に行って、文化や言葉などいろんな壁にぶつかり、最初の4年間はズタボロでした。

と辛かった海外生活を告白。劇中で結衣に母・苗子(松雪泰子)がパリまで会いに来て寄り添って眠るシーンがありますが、実際監督も母がアメリカまで会いに来てくれたそうでその時は

監督:一緒に寄り添って眠ってほしいのをグッと堪えた。

と話し会場の笑いを誘いました。本作では親と子の家族の物語が描かれているが、成田のご家族のことを考えましたか?との質問に、会場を見渡して、

「今日のお客さんの半分は、親父の知り合い、親戚、友達じゃないかな?

とやはり成田が自分にとってホームであることを実感した様子。

映画情報どっとこむ ralph 「古都」を“現代版”として映画化した理由については、

現代版じゃないと俺が撮る意味がないんです。過去に二度映画化されているし、映画業界では触れてはいけないという空気があって。確かに、なんで今?とよく聞かれるが、今はインターネットの世界だから簡単に世界とつながれる時代。だからこそ京都のようにそしてここ成田のように地域とのつながりや調和の心を大切にし、それを次の時代に伝えたいと思った。オリンピックの前にそれを世界に発信したかった。

と本作にかけた熱い想いを語った。

成田での上映にご満悦の監督にさらにサプライズゲストとして小泉一成 成田市長が応援に駆け付け、

市長:気品がありしみじみと考えさせられる映画だった。

と本作の世界観を絶賛。さらに劇中に京都市長の姿を見つけたらしく

市長:ぜひ成田を舞台にした映画を撮ってほしい、その時は私も出演させてほしい。

と市長自ら直談判する一幕に会場は大盛り上がり。成人式の時に監督がみんなの前で「これからハリウッドに行って映画監督になる」と堂々と宣言していたそう。さらに

監督:『シン・ゴジラ』『君の名は』を超えるようにさらなるみなさんのサポートをお願いします!

と会場に集まった人々に呼びかけた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

監督:僕はアメリカから日本に帰国し、成田に着いたときに、アドレナリンが沸き上がるのを感じた。成田を舞台にした映画の構想はあります。成田の映画を撮る。これは僕の最大の目標です。そして僕のモットーは有言実行です。

と声高々に力強く宣言し、終始アットホームな雰囲気に包まれた舞台挨拶は幕を閉じた。。

%e5%8f%a4%e9%83%bd%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc映画『古都』

11月26日(土)京都先行、12月3日(土)全国公開

これまで多くの映像作品となってきた川端康成の長編小説「/古都」を、原作のその後、大人になった主人公たちの物語として現代版にアレンジ。主演は、松雪泰子。京都の町で伝統の継承に生涯を捧げる呉服屋の姉・佐田千重子と京都伝統の北山杉の里で働く双子の妹・中田苗子を一人二役で演じる。また呉服屋の千重子の娘・佐田舞に橋本愛。そして双子の妹・材木屋の苗子の娘・中田結衣役に成海璃子。京都とパリ、古都に生きる母娘の人生が交差し果たしてどこへ向かうのか。監督は、ハリウッドで8年映画作りを学んだ経歴を持つYuki Saito。世界視点から、日本が誇る圧倒的な京都の美しさ、凛とした『日本の精神』を五感で体感できる新しい作品に仕上げた。また、本作の舞台である四季折々の京都、更に着物、茶道、書道、華道などオール京都の全面協力によって、本物の“京都”を描き切る。

***********************************


原作 : 川端康成『古都』(新潮文庫刊)
出演 :松雪泰子(一人二役)橋本愛 成海璃子 蒼れいな 蒼あんな 葉山奨之 栗塚旭 迫田孝也/伊原剛志 奥田瑛二

監督 : Yuki Saito
脚本 : 眞武泰徳 /梶本惠美/Yuki Saito
企画監修:川端康成記念會
エンディング曲:「糸」新山詩織 (作詞・作曲:中島みゆき 編曲:笹路正徳)
製作幹事: DLE
企画 / 制作:and pictures
特別制作協力:beachwalkers.
後 援 :京都府、京都市、京都商工会議所、京都経済同友会
(C)公益財団法人川端康成記念會/古都プロジェクト
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ