吉高由里子、5年ぶり映画主演で美しくも悲しい殺人者『ユリゴコロ』


映画情報どっとこむ ralph 2012年、大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかる原作『ユリゴコロ』の映画化が決定。

『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)などを手がけた熊澤尚人が脚本・監督。

吉高由里子待望の主演作品として2017年9月、全国公開が発表となりました。

%e5%90%89%e9%ab%98%e3%81%95%e3%82%93%e7%89%b9%e5%86%99
映画情報どっとこむ ralph 女優・吉高由里子が、2012年公開『僕等がいた前篇・後篇』でダブル主演を務めて以来、5年ぶりの映画主演が決定。

今年9月初旬から10月中旬まで、約1ヶ月間にわたる撮影を終えた吉高由里子。本作で演じるのは、人間誰もが持っている“心の拠り所”、それが生まれながらに“人間の死”であった女、美紗子。殺人という行為から逃れる術を持たずにこの世に生まれ、それゆえ強いられる悲しみの連鎖の中で、愛という感情を知り、自らに抗い、苦悩するという難役。宿命に翻弄されるかのような女性の人生を、圧倒的な芝居で演じきり、いまだかつてない一面を見せています。脚本・監督を務めるのは、『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)の大ヒットが記憶に新しい熊澤尚人。青春時代の機微を丁寧に、且つエンターテイメントに描き、数々のヒット作を世に生み出してきた名手が、センセーショナルなミステリーを舞台に、これまでの作品とは異なる衝撃作で新境地を切り開き、新たな愛の表現に挑む意欲作となります。

ある家族、余命わずかな父の書斎で見つかった一冊の日記。そこに綴られていたのは、ある殺人者の手記。これは事実か、創作か。いったい誰が、何の為に書いたのか。ショッキングなミステリーを入り口に置きながら、物語は一転、壮絶な愛の物語へ辿り着く。美紗子は悲しみの連鎖の果てに何を願うのか。映画『ユリゴコロ』は、2017年夏頃完成。9月より全国公開します。

映画情報どっとこむ ralph 主演:吉高由里子さんからのコメント

初めて殺人者を演じます。
熊澤尚人監督
熊澤尚人監督
私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました。まだ完成した映画を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです。

脚本・監督:熊澤尚人さんからのコメント

今回の主人公は、本当に大変難しい役どころではありますが、吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております。是非ご期待下さい!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ユリゴコロ

◎沼田まほかる、大ヒット作品『ユリゴコロ』で初の映画化!

2011年の単行本刊行以来、販売部数は累計25万部を超えるヒット原作である『ユリゴコロ』(双葉文庫)。数々の映像化オファーが舞い込んだ本作が、著者・沼田まほかるとしては、初の映画化作品となります。2005年『九月が永遠に続けば』でデビューして以降、高い評価を受け続けてきた沼田まほかるは、本作の刊行とともに、これまでの既刊作品が一斉に大きく売れ出すという“出版業界の事件”で一躍その知名度を上げた女性作家。謎に満ちた迫真の心理描写で綴られるミステリーの中に、世の不条理や人間の業、深い人間愛から希望までをも内包し、その圧倒的筆力で多くのミステリーファンを魅了し続けています。しかし、著者本人はメディア露出も少なく、その素性や経歴が語られることもけっして多くなく、作品そのままにミステリアスな存在の作家。そんな著者の初映画化作品は、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネート、「このミステリーがすごい!」国内部門第5位をはじめとする、数々の国内ミステリーランキングTOP10にランクイン。アメリカ・中国・韓国・台湾でも翻訳出版された話題作品の映画化となります。

公式HP:
yurigokoro-movie.jp

***********************************

原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫)
脚本・監督:熊澤尚人
主演:吉高由里子

企画・製作幹事:日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
製作:「ユリゴコロ」製作委員会
配給:東映/日活
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ