TOHOシネマズ学生映画祭 開催まで3週間!


「学生による、学生のための映画祭」というコンセプトのもと2007年に立ち上がった「TOHOシネマズ学生映画祭」 。

そして2013年は3月17日(日)、第7回目の開催です。
3週間後ですね。


今年のテーマは、「つながる」


この映画祭は、学生主体で動いているのが特徴なんだよね。

って、ことで学生キャラ 美咲ちゃん投入です。

じゃ、ヨロシク。

はい!

この映画祭は、有志の学生主体の委員会で動いているそうです。

作品の制作も学生を対称にしていて、全国各地&海外から毎年200作以上が集まります。

また、映画祭の企画・運営・宣伝、ポスターやロゴなどの制作、その全てを学生が行っています。

そして映画祭の意義は“映画業界の活性化”

①将来の日本を背負って立つような映画監督の育成
②実行委員がエンターテインメント業界全体の活性化の一翼を担う人材へと育つこと
③映画祭を通した開催劇場周辺の地域活性化への貢献


です。

次世代を担う若手育成ですので、もちろん、バックアップは万全。
TOHOシネマズ株式会社が主催および学生実行委員のサポートをしています。

そして、株式会社ロボットも。

“育成”という、大人の本気も垣間見えます。

今回の第7回TOHOシネマズ学生映画祭は4部門のコンペティションで構成されます。

・ショートフィルム部門
・ショートアニメーション部門
・再生可能エネルギー部門(経済産業省 資源エネルギー庁の特別協力)
・シネアド部門

それぞれの部門ごとにグランプリ・準グランプリを選出。特別賞として、全部門の中から1作品に「ROBOT賞」の授与あります。

この映画祭出身の学生監督・実行委員学生のその後の活躍も徐々に目立ってきていて、過去の受賞者の監督作品がカンヌ国際映画祭・短編コンペティション部門にノミネートされた実績もあるんです!

さあ、今年はどんな作品が選ばれるのか楽しみです。


第7回TOHOシネマズ学生映画祭

テーマ:「つながる」

日程・会場
2013年3月17日(日)
「お台場シネマメディアージュ」(東京都港区)
※13:30開場 14:00開始 19:30頃 終了予定 入場無料

プログラム:
・ショートフィルム部門:15分以内のショートフィルム
・ショートアニメーション部門:15分以内のショートアニメーション
・再生可能エネルギー部門:15分以内の映像作品、テーマ「再生可能エネルギー」
・シネアド部門:1分以内のCM作品、テーマ「映画館で映画を観よう!」

審査員:
・安藤 親広(㈱ロボット チーフプロデューサー)
・臼井 央(東宝㈱ プロデューサー)
・奥田 誠治(日本テレビ放送網㈱ エグゼクティブプロデューサー)
・鹿毛 康司(エステー㈱ 執行役宣伝部長・クリエイティブディレクター)
・崔 洋一(映画監督)
・佐藤 信介(映画監督)
・杉井 ギザブロー(アニメーション監督)
・村上 敬亮(資源エネルギー庁 新エネルギー対策課長)
※順不同、五十音順


トークセッション:
「映像製作の舞台裏」というテーマにてトークセッションを実施
ゲスト
・大友 啓史(映画監督)
・佐藤 善宏(東宝㈱ プロデューサー)
        ※順不同、五十音順

公式ホームページ: http://www.gakuseieigasai.jp/
公式ツイッター:   https://twitter.com/tocsff


********************************************************************
関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ