ミニシアター作品スクリーンアベレージ1位!『ブルーに生まれついて』


映画情報どっとこむ mari 「イーサン・ホークの演技に鳥肌!」と称賛の声続々!!

%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88伝説のトランペット奏者チェット・ベイカーの、その波乱の人生をイーサン・ホークが渾身の演技で挑みオスカー有力と絶賛を浴びた映画『ブルーに生まれついて』(ポニーキャニオン配給)が、11月26(土)より公開され、週末公開作品の中でスクリーンアベレージ1位を記録するヒットスタートとなりました!

今年は複数の雑誌でジャズ特集が組まれ、都内・関東近郊だけでも20以上のジャズ・フェスティバルが開催されるなど、空前の“ジャズ・イヤー”。

そんな中、万を持して公開された本作、全国の上映館は9館という小規模な公開ながら、幅広い客層に支持され、スクリーンアベレージ(1館あたりの興行収入平均)が527,389円で、先週末(11/26(土))に封切られたミニシアター作品の中で1位を記録しました!

映画情報どっとこむ mari そんな本作から新場面写真が到着!

クスリに溺れ落ちぶれたチェット・ベイカーが食いぶちとして行きついたその先の姿、メキシコの陽気な楽団“マリアッチ”写真!!
%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%be%e3%82%8c%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6_%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%81 ご機嫌な音楽で、祭りや記念日などに欠かせない存在で、人々の人生で重要なシーンを盛り上げ、観光地ではお客に向けてその場を盛り上げる。幅の広い帽子をかぶり、伝統的な衣装で胸には赤いリボンが!!!

ジャズクラブでクールなトランペット姿はいずこへ・・・・
ブルーに生まれついて
映画『ブルーに生まれついて

好評公開中!!

黒人アーティストが主流の1950年代モダン・ジャズ界において、その甘いマスクで女性を虜にし、ファンを熱狂させていたジャズ界の異端児、チェット・ベイカー。その後、麻薬に溺れどん底の日々を送っているが、自身の人生を描いた映画の出演で一人の女性と出会ったことをきっかけに、愛と償いの機会を模索する….。

公式HP:  
http://borntobeblue.jp/

twitter:
@BornToBeBlue_jp

***********************************

監督・脚本:ロバート・バドロー(”The Death of Chet Baker”)<短編>
出演:イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』/カルメン・イジョゴ『グローリー/明日への行進』/カラム・キース・レニー
サウンドトラック:ワーナーミュージック・ジャパン
配給:ポニーキャニオン   
©2015 BTB Blue Productions Ltd and BTBB Productions SPV Limited.ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ