西川美和 短編<妻が夫へ宛てた読まれることのない手紙>「ラブレター」を公開!


映画情報どっとこむ ralph 『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督が、『おくりびと』以来7年ぶりの映画主演となる本木雅弘を迎え、直木賞候補となった自らの小説を映画化する最新作『永い言い訳』(アスミック・エース配給)が現在全国で公開中です。

先般発表された報知映画賞・日刊スポーツ映画大賞でも作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞にノミネート。今年の賞レースを賑わせることが予想され、また鑑賞者の満足度が非常に高くリピーターが続出していることでも話題、ロングランヒットを続けています!
sachio
そして!

この度、本作の原作・脚本・監督を担当し、本作の原作で直木賞候補ともなった西川美和監督による短編「ラブレター」が映画の公式サイトにて公開されました。

映画情報どっとこむ ralph こちらの短編はもともとは、2014年12月に発刊された「文學界」(文藝春秋)における「各界の文章家が書く『LOVE LETTERS』」という特集企画に寄稿されたものです。
natsuko 当時『永い言い訳』の原作を書き終え、撮影準備期間に入っていた西川監督が、<スキー旅行に出かけた妻が、旅先で事故に遭い亡くなる>という『永い言い訳』の設定をベースに、<もしも旅立つ前の妻が、二十年連れ添った夫に、一通の手紙を書いていたならば>という、あくまでも仮想のもとに書き下ろした、「読まれることのなかった」手紙となっています。


永い言い訳映画を鑑賞する前であっても独立した短編として楽しむことができ、映画を観たあとの人にとっては、映画の登場人物たちは実際はどうだったのだろうと様々な想像に思いをめぐらせながら映画の世界をより深く味わえる作品となっています。

『永い言い訳』

公式サイトURL:
nagai-iiwake.com

公式twitter:
@nagai_iiwake

***********************************

出演:本木雅弘/竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里
原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊) 
製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、
テレビ大阪株式会社) 

制作プロダクション:株式会社AOI Pro. 
配給:アスミック・エース  
©2016「永い言い訳」製作委員会
  

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ