過激なエロスと騙し合いパク・チャヌク監督『お嬢さん』17年3月公開決定


映画情報どっとこむ mari 全世界、成人指定映画で異例の大ヒット!

パク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』(原題:アガシ 英題:THE HANDMADEN)の邦題が決定し、2017年3月より、TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開することが決定いたしました。 HANDMADENは一人につく女中。隷属的な専用メイドな感じでしょうか・・・。

詐欺師とメイドとお嬢様・・・・過激なエロスと騙し合い

the-handmaiden-characters_1
「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの「荊の城」が原作となる本作は、1939年、日本統治下の朝鮮半島を舞台に、スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)、“伯爵”と呼ばれ、ヒデコの財産を狙う詐欺師(ハ・ジョンウ)ら、それぞれの思惑が入り乱れ、騙しあいと復讐が繰り広げられていく。

複数の登場人物の視点で描かれるサスペンスと、過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られた作品。

映画情報どっとこむ mari 『オールド・ボーイ』で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、『渇き』で第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、その後の『イノセント・ガーデン』ではハリウッドへ進出したパク・チャヌクの集大成ともいえる本作は、韓国本土では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新し、アメリカでも異例のヒットとなるほど、話題になっています。

この度、韓国本国での原題が「アガシ(=お嬢さん)」というタイトルを受け、邦題は『お嬢さん』と決定し、さらに日本公開時は【R-18】指定での公開も決定。

the-handmaiden-still-2
映画情報どっとこむ mari 物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。

パク・チャヌク監督 最新作『お嬢さん』
原題:アガシ 英題:THE HANDMADEN

2017年3月TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

***********************************

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン 
配給:ファントム・フィルム 
©CJ E&M Corporation
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ