木下理樹 x ケンゴマツモト『エヴォリューション』公開初日トーク


映画情報どっとこむ ralph ルシール・アザリロヴィック監督作、映画『エヴォリューション』11月26日(土)よりアップリンク渋谷、シネマカリテ新宿ほかにて公開。

本作の公開を記念し、映画好きで知られるミュージシャン、ART-SCHOOLの木下理樹氏とTHE NOVEMBERSのケンゴマツモト氏が公開初日に登壇、満席の新宿シネマカリテにて熱いトークが繰り広げられました。
%e3%80%8e%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8f%e5%85%ac%e9%96%8b%e5%88%9d%e6%97%a5
木下理樹xケンゴマツモト
『エヴォリューション』公開初日トーク

日時:1​1​月 ​26​日 (​土​​​​)
会場:​新宿シネマカリテ 
​​登壇:​​​木下理樹(ART-SCHOOL)、ケンゴマツモト(THE NOVEMBERS)

映画情報どっとこむ ralph 『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督の最新作『エヴォリューション』の公開初日イベントが26日、新宿シネマカリテにて行なわれ、映画好きで知られるミュージシャン、ART-SCHOOLの木下理樹さんとTHE NOVEMBERSのケンゴマツモトさんが登壇。

「​​わからないからこそ美しく、強く惹かれる」と口を揃えて称賛する2人が、自身の映画体験を交えながら本作への思いを語った。

少女たちの秘密の世界を圧倒的映像美で描いた『エコール』から10年。アザリロヴィック監督が満を持して制作した本作は、大人の女性たちと少年だけが暮らす絶島を舞台に、倫理や道徳を超えた美しき悪夢の世界を描く。「理解できない」という声も多く聞かれ、賛否両論渦巻く中、本作に魅せられた木下氏とマツモト氏は称賛の言葉を惜しまない。

「メッセージはない、自分の心の中にあるものを形にした」というアザリロヴィック監督の言葉に共感する木下さんは、

木下さん:前作の『エコール』と根本は変わっていませんが、今回の作品もこれまで観たことのない世界を作り出している。個人的には映画『​​アンダー・ザ・スキン 種の捕食』(スカーレット・ヨハンソン主演)の感覚に近い感じがしますが、SFなのか、映像美なのか、何かはわからないけれど、何かが起きている。

とゾッコンの様子。

%e3%80%8e%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%80%8f%e5%85%ac%e9%96%8b%e5%88%9d%e6%97%a52
映画情報どっとこむ ralph 一方、

マツモトさん:​​この映画って、わかるとか、わからないとか、あまり意味がないと思うんですよね。もしこれがわかったら、みんな頭がおかしくなるレベルの話。人の頭の中がこうなっていて、こういう景色やカラー、イメージがあって、それが1つの作品と結実し、商業ベースに乗って、みんなの目に入っていることが素晴らしいこと。いいところしかないのに意味がわからないところが美しさなんだと思う。

と語気を強める。また、海辺で育ったアザリロヴィック監督のこだわりについて

木下さん:本作も、『エコール』も、水のシーンから始まっていますが、海や自然、あるいは幼少期などの描写は、フェティッシュといってもいいくらい。普通は無垢な部分に焦点を当てていきますが、この映画は無垢な人が傷ついていく不条理さに溢れている。監督は神話だと言っているようですが、まさに美しい悪夢。

と指摘。

映画情報どっとこむ ralph 無垢を象徴するものとして『エコール』では少女、今回は少年が登場するが、これについて

マツモトさん:監督の中でグロテスクさが加速していると思いますね。それは、監督が女性だということに起因していると思いますが、少年の思春期に対する漠然とした不安感が、こっちが目を凝らさないと何が映っているのかわからない謎のシーンに表れている。

と分析してみせた。

最後に観客から「​​​ディストピアを描いた作品で影響を受けたものは?」という質問が飛ぶと、

マツモトさんは有無を言わさず漫画の『​​AKIRA』と回答。これに対して

木下さん:最近だとジム・ジャームッシュ監督の『​​オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライブ』ですかね。まるで詩のような映画で、そういった意味では『エヴォリューション』に似ているかも。

とコメント。その他、​​​デヴィッド・リンチ監督の『​​マルホランド・ドライブ』もお気に入りの作品に挙げました。

映画情報どっとこむ ralph プロファイル​​

◆ 木下理樹(きのした・りき)
2000年ART-SCHOOL結成。同年9月、1stアルバム『SONIC DEAD KIDS』をリリース。この頃より全国区でのライブを展開するようになり、美しく純度の高いポップな曲調と轟音ギター、そして木下のあどけなく危なげなボーカルで表現する独特の“うた”の世界観を多数のオーディエンスに印象づけ話題となる。何度かのメンバーチェンジや活動休止を乗り越え、2012年、現在の「第3期ART-SCHOOL」としての活動を開始。2015年、5月、木下理樹が音楽、ライブ制作、アートワークデザイン、フォトグラフ、アパレルなどクリエイティブで柔軟な発想を持った各ジャンルのスペシャリストが集結したチーム「Warszawa-Label」の設立を発表する。「MARQUEE」での映画連載、園子温監督のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演、映画への造詣が深い。

◆ ケンゴマツモト(けんご・まつもと)
2005年結成のオルタナティブロックバンドTHE NOVEMBERSのギタリスト。園子温のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演。THE NOVEMBERSは2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。様々な国内フェスティバルに出演。2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、 2014年には「FUJI ROCK FESTIVAL」 のRED MARQUEEに出演。海外ミュージシャン来日公演の出演も多く、TELEVISION,NO AGE,Mystery Jets,Wild Nothing,Thee Oh Sees,Dot Hacker,ASTROBRIGHT,YUCK等とも共演。2016年に結成11周年を迎える。

映画情報どっとこむ ralph

渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほかにて絶賛上映中

映画『エヴォリューション

とある島、少年だけに施される奇妙な医療行為。

秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督による、まるで悪夢のような、禁断のダークファンタジー。

エヴォリューション_ティーザー_s少年と女性しかいない孤島に母親と暮らす10歳のニコラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めたニコラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』から10年。原始的な感情を呼び覚ます圧倒的な映像美でルシール・アザリロヴィック監督が描く、倫理や道徳を超えた81分間の美しい“悪夢”。エヴォリューション(進化)とは何なのか…?

2016年11月26日(土)より、渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ(モーニング&レイト)ほか全国順次公開です。

***********************************

脚本&監督:ルシール・アザリロヴィック(『エコール』(2004)『ミミ』(1996))
プロデューサー:シルヴィー・ピアラ、ブノア・カノン
撮影監督:マニュエル・ダコッセ
美術監督:ライア・コレット
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエほか
配給・宣伝:アップリンク
2015年/フランス/81分/フランス語/カラー/スコープサイズ/DCP
© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ