デンゼル・ワシントン来日『フライト』会見


名匠ロバート・ゼメキスと名優デンゼル・ワシントンの最強のタッグが贈る、衝撃と感動の物語『フライト』。

本年度アカデミー賞主要2部門 <主演男優賞><脚本賞>ノミネートされています。

この公開に先立ち、本年度アカデミー賞<主演男優賞>にノミネートをはたし、3度目の受賞に期待の高まる主演のデンゼル・ワシントンと名匠ロバート・ゼメキス監督が緊急来日。記者会見を行いました。

『フライト』来日記者会見
2月20日(水) 11:00-11:50
会 場:ザ・リッツカールトン東京2Fグランドボールルーム
登壇者:デンゼル・ワシントン(58)
    ロバート・ゼメキス監督(61)
    ウォルター・F・パークス(プロデューサー/61)
    ローリー・マクドナルド(プロデューサー/59)

主演のデンゼル・ワシントンは4日後に発表されるアカデミー賞で3度目の受賞へ期待が高まる中、4年ぶり5度目の来日。

巨匠、ロバート・ゼメキス監督も4年ぶりで久々の来日となりました。

そして、ハリウッドを代表するヒットメイカーでプロデューサーのウォルター・F・パークスとローリー・マクドナルドも参加。

ハリウッドの名優と最高のフィルムメーカーが揃っての華やかな会見です。


4年ぶりの来日の感想を尋ねられ、デンゼル・ワシントンは「4年経ったと知らされ、(来日が)とても久々だと感じています。日本に戻ってこれて嬉しいよ。」と笑顔で回答。

4日後に控えたアカデミー賞の発表で、受賞したら日本語で「ありがとう!」というよと約束してくれました。

本作では、心に問題を抱え葛藤に悩むパイロットを演じているが、“オスカー俳優”には「役作り」に関する質問が相次ぎ、デンゼル自ら、解説しながら実演も。

「脚本が素晴らしく、非の打ち所がなかったのでアドリブもしなかった。」と撮影エピソードも披露。

「日々、演技を研究する毎日であり、慢心することなく鍛錬を積んでいるので、これまでに自分が演じた役に満足してきたことはない。」

と役者としての信念を述べると記者たちから感嘆の声が漏れました。


それに、応えるようにロバート・ゼメキス監督は、「(デンゼル・ワシントン)とは撮影中、彼の演技に驚き興奮が収まらなかった。
私の演出など全く必要なかったよ。」とデンゼル・ワシントンの演技を称賛。

プロデューサーのウォルター・F・パークスも「(デンゼル)は脚本に忠実に敬意を持って演じてくれた。彼が演じるウィトカー機長はとても難しい役だが、敬意を持って演じてくれたことに本当に感謝している。」ローリー・マクドナルドは「誰でも持ち合わせている“人間の弱さと強さ”を演じ分けており、デンゼルは本当に素晴らしい。」と大絶賛だった。

一方、デンゼル・ワシントンは「ロバート・ゼメキス監督は、撮影現場で演技に関してさまざま模索させてくれた。不安を感じることなく懐が深く信頼できる監督。」とゼメキス監督との強く深い絆を感じさせた。

また、ゼメキス監督からは、本作の一番の見どころでもある冒頭30分からの“飛行機の背面飛行での不時着”シーンについて

「時間のかかるシーンだったが、素晴らしいチームワークで撮影した。想定できる技術を全て駆使し、実際に30人ほどのエキストラを逆さ吊りにして撮影したんだ。」とアクロバティックな撮影の様子も明かしてくれました。


公開が待たれる、『フライト』は3月1日(金・映画ファーストデー)より全国公開です。



********************************************************************



『フライト』作品紹介

多くの命を救った、高度3万フィートからの奇跡の緊急着陸。
彼は英雄か、犯罪者なのか?アカデミー賞最有力、衝撃と感動の話題作。

男は一夜にして、ヒーローになった。
フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が原因不明の急降下、ウィトカー機長は草原への緊急着陸に成功し
多くの乗客の命を救う。
それは、どんな一流パイロットにも不可能な、まさに奇跡の操縦だった。
マスコミがウィトカーの偉業を称え、彼は一躍、時の人となる。
ところが、ある疑惑が浮上する。彼の血液中からアルコールが検出されたのだ。
ヒーローは一夜にして地に堕ちた。
あの時、機内で何が起きたのか?様々な人の人生を巻き込みながら語られる、衝撃の事実とは?
人生の闇にのみ込まれた男が、本当の栄光とは何かを見出すまでの魂の軌跡を描き出す。

デンゼル・ワシントンの圧倒的な演技力が光る感動のドラマ。

監督:ロバート・ゼメキス
製作:ウォルター・F・パークス
   ローリー・マクドナルド
   ロバート・ゼメキススティーブ・スターキー

キャスト:デンゼル・ワシントン
      ドン・チードル
      ケリー・ライリー
      ジョン・グッドマン
      ブルース・グリーンウッド

関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ