『ネオン・デーモン』N.W,レフン&小島秀夫 in Meet the Fimmaker


映画情報どっとこむ TJ 2017年1月13日の公開に先駆け、第一線で活躍する映画作家の生の声が聞ける人気イベント、Meet the Filmmakerに『ネオン・デーモン』のニコラス・ウィンディング・レフン監督が、ゲームクリエイターの小島秀夫さんと登場!

イベント史上最も多くの観客が集まり、立ち見客も溢れかえるほどの賑わいの中、映画の製作秘話や、クリエイター同士のものづくりに対する思いなど、ここでしか聞けない話がたっぷりと披露されました。

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-fimmaker
『ネオン・デーモン』N.W,レフン&小島秀夫登場Meet the Fimmaker
日付:11月17日
場所:Apple Store 銀座店
登壇:ニコラス・ウィンディング・レフン監督、小島秀夫(ゲームクリエイター)

映画情報どっとこむ TJ 登場するやいなや、「ハイ!」と元気よく会場に集まった観客へ挨拶するレフン監督。

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3_nw%e3%83%ac%e3%83%95%e3%83%b3 レフン監督にとって、日本で一番仲が良いクリエイターと紹介される小島氏、三年前にロンドンで出会ったのが初めてだったという二人は、クリエイター同士ならではの共通した悩みを分かり合える関係だという。6月海外で行われた『ネオン・デーモン』のパーティーで小島氏は、

小島さん:エルたんメイクしてましたから!

と劇中のエル・ファニング演じるジェシーのグリッターメイクを施して参加したそう。

小島さん:写真に撮ってあります。

とレフン監督もノリノリで二人の仲の良さがうかがえます。作品の感想を聞かれると、

小島さん:凄いですよ。レフン監督ならではの世界観に驚き、嫉妬しました。

と作品の衝撃の強さとレフン監督の才能について語った。

映画情報どっとこむ TJ これまでの作品では、主人公に男性を起用してきたレフン監督。今回初めて女性のエル・ファニングを起用した理由に

レフン監督:他に誰もいなかった。彼女はこの映画に必要な資質を全て持ち合わせていた。

と即答し、エルの魅力と彼女に対する絶大な信頼を見せる。女性の美への執着、そして憎悪と嫉妬をテーマにした今回の作品で、エルへの演出のポイントを聞かれると
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-filmmaker%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af00
レフン監督:僕を演じてもらわなければいけない、と伝え、シーンごとに自身のキャラクターをおさえて、二人で進めていった。一緒に映画を作る重要なコラボレーターである役者から意見をもらうことも大歓迎。

と製作に関して思いを語る。

映画情報どっとこむ TJ 音楽の演出が特徴的なレフン監督の作品。音楽が大好きで、音楽からインスピレーションを受けるというレフン監督は作りたい作品のタイプをイメージした音楽を聴きながら作業をするそう。そんなレフン監督を小島さんは
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3_%e5%b0%8f%e5%b3%b6%e7%a7%80%e5%a4%ab 小島さん:音の使い方が上手い。他の監督は撮ってから音をつけるけど、レフン監督は映画の脚本を作る段階、映像設計の段階から“音”が一緒にあるんでしょうね。

と鬼才の感覚を分析。また、世界的クリエイターである二人に、作品が生まれるインスピレーションのもとが何かを聞かれるて、

小島さん:普段何かをすることで発想する、出そうと思って努力することはない。クリスマスのプレゼントが内緒なように、それは教えられない。

と冗談交じりに笑ってみせた。

映画情報どっとこむ TJ 観客からもたくさんの質問を受けた二人。

Q:決してあきらめないで作品を作る、仕事を続けるのに必要な原動力は?

レフン監督:全てを犠牲にしても良いと思えるくらいそれが好きであること。献身的に、それに執着できるくらい好きであるという強い気持ちが大切。

と物作りに対する熱い情熱を語りました。
%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3meet-the-fimmaker03
最後に・・・・。

小島さん:エル・ファニングが今までで一番綺麗で一番怖い作品。レフン監督は、天才なんで何度も見て『君の名は』を越えていただきたい!



レフン監督:日本が大好きです。『ネオン・デーモン』を携えて東京に来られて良かったです。きてくれた皆さんに感謝します。

と観客へメッセージを送った。

ネオン・デーモン

2017年1月13日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズほか 全国順次ロードショー

公式HP:
gaga.ne.jp/neondemon

%e3%83%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3物語・・・・
誰もが目を奪われる特別な美しさに恵まれた 16 歳のジェシーは、トップモデルになる夢を叶えるために、田舎 町からロスへとやって来る。すぐに一流デザイナーやカメラマンの心をとらえチャンスをつかむジェシーを、ライバルたち が異常な嫉妬で引きずりおろそうとする。やがて、ジェシーの中に眠る激しい野心もまた、永遠の美のためなら悪夢に魂も 売り渡すファッション界の邪悪な毒に染まっていく――。

***********************************

監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 『ドライヴ』、『オンリーゴッド』
出演:エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、ベラ・ヒースコート、アビー・リー and キアヌ・リーヴス
配給:ギャガ
© 2016, Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

Apple Ginza
(c) Kensuke Tomuro
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ