PANTA LIVE&泉谷しげるトーク『狂い咲きサンダーロード』復活上映!


映画情報どっとこむ ralph 紛失されたと思われていたオリジナル・ネガが発見されたことで始まった、伝説の暴走映画『狂い咲きサンダーロード』の完全復活プロジェクト。

ファンの熱いご支援の元、クラウド・ファンディングのMotionGallery (モーションギャラリー)にて、国内実写映画史上最速となる開始12日目で目標金額400万円を達成!!!

この資金をもとに制作されたオリジナルネガ・リマスター版のブルーレイが11月4日に発売されました。その後もたくさんの皆様からご支援を受けた本プロジェクトは、最終的に6,706,000円もの出資金を集め、最終的な目標であった「デジタル上映素材(DCP)の制作」というゴールも達成となりました!

%e7%8b%82%e3%81%84%e5%92%b2%e3%81%8d%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af これを記念し、11月12日(土)、シネマート新宿にて【『狂い咲きサンダーロード』完全復活記念 オリジナルネガ・リマスター版プレミア上映withライブ&トーク】を開催し、石井監督ご本人の音調整のもと驚くほど鮮明に蘇ったサンダーロードがお披露目。さらに、上映前には、PANTAによるスペシャルライブ、上映後には石井監督、助監督を務めた緒方明さん、撮影監督の笠松則通さん、お笑い芸人の永野さんらを迎え、サンダーロード愛に溢れる熱いトークが繰り広げられ、さらに!音楽&美術監督を務め、ポスターのイラストを手がけた泉谷しげるさんがスペシャルゲストとして登場!永遠に語り継がれる伝説の一夜となりました!

『狂い咲きサンダーロード』完全復活記念 オリジナルネガ・リマスター版プレミア上映withライブ&トーク
日時:11月12日(土)
会場:シネマート新宿
トークイベントゲスト
石井岳龍(『狂い咲きサンダーロード』監督)、笠松則通(同撮影監督)、PANTA(同劇中歌担当)、永野(お笑い芸人)
スペシャルゲスト:泉谷しげる
MC::緒方明(同助監督)

映画情報どっとこむ ralph 会場が揺れるほどの拍手と歓声が巻き起こった。現れたのは監督の石井岳龍、撮影監督の笠松則通、劇中歌を手がけたPANTA、そして『狂い咲きサンダーロード』を100回近くは観てきたという“ファン代表”のお笑い芸人、永野だ。

石井監督:『狂い咲きサンダーロード』は今もこんなに多くの人に愛されて幸せです。

と挨拶し、

永野さん:マッドマックスより~普通に~仁さんが好っきっ~!!

とオリジナルの“狂い咲きネタ”を披露して笑いを誘った。


そこで、緒方がステージに並べられた椅子に一脚空席があることに触れ、

MC:実は本日はスペシャルゲストが駆けつけてくれました!

と一言。客席がどよめく中、『狂い咲きサンダーロード』で音楽監督、美術監督を務め、ポスターのイラストを手がけた泉谷しげるが登場した!会場の盛り上がりはピークへ!!!

泉谷さん:絶対に来たかった。スケジュールを捻じ曲げた。

と今回のイベントへの思いを吐露。そして、石井監督に

泉谷さん:ところで、“岳龍”って何?新しい宗教でも入ったの?

と登場早々石井監督の改名をいじり爆笑に。また、毒舌を炸裂させながらも

泉谷さん:俺は石井が大好きで、(『狂い咲きサンダーロード』は)自分からやらせてくれって言ったんだよ。『高校大パニック』の時から一目置いていた。こんな人が日本にいたなんて、と驚いたね。石井は群を抜いていたよ。

と石井の才能を絶賛した。

映画情報どっとこむ ralph 一方、、

石井監督:泉谷さんのセンスや色彩感覚、そして泉谷さんが描いた絵が大好きだったから。

泉谷さんに音楽のみならず美術も頼んだことについてと語った。さらに

泉谷さん:『マッドマックス』と設定が似ていると言われることもあるけど、『狂い咲きサンダーロード』の方が先だからね。撮影が終わって皆と『マッドマックス』を観に行って、俺たちが作った映画の方が面白いじゃないか!と話したよ。

と当時の熱気を思わせるエピソードを語り、

泉谷さん:(『狂い咲きサンダーロード』は)それまでの暴走族映画とは何もかも違った。ただの暴走族の戦いだと、生々しいし世界が小さくなってしまう。だから、別次元の方向に持っていったほうがよくなるんだと思ったね。

と『狂い咲きサンダーロード』の革新性を伝えた。

映画情報どっとこむ ralph 同じく『狂い咲きサンダーロード』の音楽に関わったPANTAとの接点を尋ねられると、

泉谷さん:PANTAとは日比谷野外音楽堂のライブでよく顔を合わせていた。

と当時の日本の音楽シーンの熱狂を振り返った。そこで様々な思い出が甦ったのか、

泉谷さん:それにしても、内田裕也はひどかったね。フォークは貧しくてめそめそしていて気に入らねえって言ったんだよ。でも、音楽や映画ってそういうものだろう?金持ちは観ないでしょ?『狂い咲きサンダーロード』なんて。

と客席に呼びかけると、会場では賛同のせいか(?)爆笑が巻き起こりました。

泉谷さんは続いて、芸能界には『狂い咲きサンダーロード』ファンが多いと話した。

泉谷さん:よく現場で“実は『狂い咲きサンダーロード』好きなんですよ”、と言われることが結構ある。隠れトランプファンみたいなものなんだよ

と言うと、

緒方さん:何で『狂い咲きサンダーロード』好きを隠さなくちゃいけないんですか!(笑)

と突っ込みを入れた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

泉谷さん:石井は現場でのリハがとにかく長い!超慎重なんだよ。深作欣二並だね。でも、だからああいう画面が作れる。めちゃくちゃに作ってるように見えても、そうではない。本当にめちゃくちゃだったら、めちゃくちゃなものは作れない。石井は前に、フィルムには1カットも無駄なものがない、と言った。失敗に見えたカットでも、その中から使える“何か”を見つけ出そうとする。愛情の深さがとにかく半端じゃない。そうして作られた映画は永遠なんだと思ったね。

と、揺るぎない石井作品への愛情とリスペクトを見せた。



オリジナル・リマスター版のレイトショー決定。
シネマート新宿にて12月10日~
シネマート心斎橋にて12月17日~

『狂い咲きサンダーロード』とは?
バイク!ロック!バイオレンス!日本インディーズ映画の最高峰に輝き、今なお多くのファンを生み続ける伝説的作品。暴走族“魔墓呂死”の特攻隊長・仁は、「市民に愛される暴走族」を目指す同輩や自分たちを取り込もうとする政治結社に反抗を試みた末、遂には右手を切断されてしまう。しかし、どん底に堕ちてなお抗うことをやめない彼はバトルスーツに身を包み、幻の街サンダーロードで最後の決戦に挑むのだった!


***********************************

製作=小林紘/秋田光彦 
脚本=石井聰亙/秋田光彦/平柳益実 
撮影=笠松則通音楽=泉谷しげる/パンタ&ハル/THE MODS 

出演=山田辰夫/小島正資/中島陽典/劇団GAYA/南条弘二/小林稔侍 ほか

『狂い咲きサンダーロード』オリジナルネガ・リマスター版ブルーレイ
発売日:2016年11月4日(金) 
定価:¥4,800(税抜) 
発売元:トランスフォーマー 
販売元:ハピネット
特典映像(計48分):各種イベント映像、
音声解説①(石井監督、緒方明、笠松則通)、音声解説②(石井監督、山田辰夫、緒方明)
封入特典:ポストカード2種セット
1980年/color/98min/
[狂映舎=ダイナマイトプロ] 



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ