篠山紀信の「快楽の館」展で映画『エヴォリューション』先行上映イベント決定!


映画情報どっとこむ TJ 見えないものを見る―“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』

映画『エヴォリューション』11月26日(土)の公開に先駆け、現在は、篠山紀信展「快楽の館」が開催中の原美術館で一夜限りの先行上映イベントの開催が決定。
%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a9%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3_4flyers 上映後のトークゲストには、写実絵画界を代表する画家の諏訪敦氏と「美術手帖」編集長の岩渕貞哉氏を迎え“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』を解剖します。

1938年に個人邸として建てられた原美術館は、西洋モダニズム建築と緑豊かな庭が美しい現代美術館。篠山紀信展「快楽の館」は全て同館をロケーションにした、撮り下ろしの新作。壇蜜さんなど33名のモデルによるヌード写真で構成され、美術館は「快楽の館」に変貌を遂げています。
%e5%8e%9f%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8-1 %e7%af%a0%e5%b1%b1%e7%b4%80%e4%bf%a1%e3%80%8c%e5%bf%ab%e6%a5%bd%e3%81%ae%e9%a4%a8%e3%80%8d2016%e5%b9%b4ckishin-shinoyama-2016_01-1 篠山紀信「快楽の館」2016年 ⓒKishin Shinoyama 2016

今回のイベントでは、映画『エヴォリューション』の上映&トークにあわせ、篠山紀信展「快楽の館」、森村泰昌氏や宮島達男氏、奈良美智氏の常設展示も楽しむことができるのです。原美術館で、アートで幻想的な、大人な夜を過ごしてみてはいかがでしょう。

映画情報どっとこむ TJ 映画『エヴォリューション』先行上映イベント at 原美術館
一夜限りの「幻想の館」
見えないものを見る―“有機的な夢”としての映画『エヴォリューション』


日時:2016年11月23日(水・祝)
17:30開場/18:00開映 映画上映後トーク 20:30頃終了予定

会場:原美術館ザ・ホール(東京都品川区北品川4−7−25原美術館内)
ゲスト:諏訪敦(画家)、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)

料金:一般2,500円、原美術館メンバー1,500円(美術館にて予約受付) (開催中展覧会 篠山紀信展「快楽の館」入場料込)

11月11日よりチケット販売開始:
peatix.com/event/214553
主催:アップリンク、原美術館

※篠山紀信展「快楽の館」は11:00~18:00まで。
 イベント終了後ご覧いただけませんので、展示をご覧になりたい方は、お早めにお越しください。再入場可。
※当日はマスコミによる取材が入りますので、あらかじめご了承下さい。

映画情報どっとこむ TJ %e8%ab%8f%e8%a8%aa%e6%95%a6%ef%bc%88%e7%94%bb%e5%ae%b6%ef%bc%89%e3%80%81%e5%b2%a9%e6%b8%95%e8%b2%9e%e5%93%89%ef%bc%88%e3%80%8e%e7%be%8e%e8%a1%93%e6%89%8b%e5%b8%96%e3%80%8f%e7%b7%a8%e9%9b%86%e9%95%b7
◆諏訪敦(すわ・あつし)
画家。プロジェクト化された絵画の特異さで知られ、綿密な取材に裏付けられた高密度な絵画は、対象に内在する社会的な問題を浮上させ、歴史に回収されない個の手触りを浮上させる。

◆岩渕貞哉(いわぶち・ていや)
『美術手帖』編集長。1975年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。2002年から『美術手帖』編集部に在籍、2008年より現職。2015年に立ち上げた、『美術手帖 国際版』およびアートニュースサイト「bitecho[ビテチョー]」の編集長も務める。

映画情報どっとこむ TJ 映画『エヴォリューション』

とある島、少年だけに施される奇妙な医療行為。

秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』の
ルシール・アザリロヴィック監督による、
まるで悪夢のような、禁断のダークファンタジー。


少年と女性しかいない孤島に母親と暮らす10歳のニコラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となっている。「なにかがおかしい」と異変に気付き始めたニコラは、夜半に出かける母親の後をつける。そこで母親がほかの女性たちと海辺でする「ある行為」を目撃し、秘密を探ろうとしたのが悪夢の始まりだった。秘密の園の少女たちの世界を描いた『エコール』から10年。原始的な感情を呼び覚ます圧倒的な映像美でルシール・アザリロヴィック監督が描く、倫理や道徳を超えた81分間の美しい“悪夢”。エヴォリューション(進化)とは何なのか…?

2016年11月26日(土)より、渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ(モーニング&レイト)ほか全国順次公開


公式サイト:
www.uplink.co.jp/evolution

Twitter:
@evolution_movie

***********************************

脚本&監督:ルシール・アザリロヴィック(『エコール』(2004)『ミミ』(1996))
プロデューサー:シルヴィー・ピアラ、ブノア・カノン
撮影監督:マニュエル・ダコッセ
美術監督:ライア・コレット
出演:マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、ジュリー=マリー・パルマンティエほか
配給・宣伝:アップリンク
2015年/フランス/81分/フランス語/カラー/スコープサイズ/DCP

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ