第63回ベルリン国際映画祭 金熊賞決定!



第63回ベルリン国際映画祭授賞式が16日(日本時間17日)に開催されました!

コンペティション部門の最高賞:金熊賞には、ルーマニア映画の『チャイルズ・ポーズ』カリン・ピーター・ネッツァー監督が選ばれました。

そして審査員賞(銀熊賞)にはボスニア・ヘルツェゴビナ、フランス、スロベニアの合作『アン・エピソード・イン・ザ・ライフ・オブ・アン・アイアン・ピッカー』ダニス・タノヴィッチ監督に。

残念ながら日本作品3本は、いずれも受賞を逃しています。

が、映画祭の本章とは別に選出されるエキュメニカル賞特別表彰を東日本大震災ドキュメンタリー映画「先祖になる」(池谷薫監督)が受賞しました。

主な受賞作、受賞者は以下の通りです。

金熊賞

最高賞:
『チャイルズ・ポーズ』
カリン・ピーター・ネッツアー監督
−ルーマニア

銀熊賞

審査員賞
『アン・エピソード・イン・ザ・ライフ・オブ・アン・アイアン・ピッカー』
ダニス・タノヴィッチ監督
−ボスニア・ヘルツェゴビナ、フランス、スロベニア

最優秀監督賞
デヴィッド・ゴードン・グリーン監督
『プリンス・アバランチ』
−アメリカ

最優秀男優賞
ナジフ・ムジッチ
『アン・エピソード・イン・ザ・ライフ・オブ・アン・アイアン・ピッカー』
ダニス・タノヴィッチ監督
−ボスニア・ヘルツェゴビナ、フランス、スロベニア

最優秀女優賞
パウリナ・ガルシア
『グロリア』
セバスティアン・レリオ監督−チリ、スペイン

芸術貢献賞(カメラ)
アジズ・ザンバキエブ
『ハーモニー・レッスン』
エミール・バイガジン監督−カザフスタン、ドイツ

最優秀脚本賞
ジャファル・パナヒ
『クローズド・カーテン』
ジャファル・パナヒ/カンブジア・パルトヴィ監督
−イラン

アルフレート・バウアー賞
『ヴィック+フロ ソウ・ア・ベア』
デニス・コテ監督 −カナダ

********************************************************************
関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ