清水富美加の”妄想劇場”炸裂!!初のフォトエッセイ発売へ!


映画情報どっとこむ TJ 清水富美加 x 鬼才フォトグラファー・佐内正史氏とコラボ

女優・清水富美加さんが、自身初となるファーストフォトエッセイ『ふみかふみ』を幻冬舎より発売することが決定しました。
aaa_112-113
常に妄想を繰り広げ、その域はもはや名人芸といっても過言ではないほどの清水富美加。そんな彼女が初めて挑んだフォトエッセイです。彼女の文章と独特の世界観をもつ写真が混ざり合い、化学反応を起こす、ファンならずとも楽しめる一冊になっています!

書籍情報
タイトル:ふみかふみ
著者:清水富美加
撮影:佐内正史
ジャンル:フォトエッセイ
仕様:上製、B6変型、128ページ、オールカラー
予価:1600円
発売日:12月8日予定

さらに、発売を記念して公開された『ふみかふみ』特設サイトでは、前出した『高菜おにぎりの歌』が、部分的にではあるが、清水本人の声で聴くことができる仕掛けが施されるなど、必見のサイトとなっている。

『ふみかふみ』特設サイト
こちら

映画情報どっとこむ TJ aaa_090-091
東京・大阪での発売記念イベントの実施も決定しているそうです!!

イベント参加者を対象に、清水本人からのサイン本のお渡しの他に、異例の“あだ名付け会”を行なうことも発表されています。
発売記念イベント情報

《東京》12月11日(日)11:00~@福家書店新宿サブナード店
詳細:イベント

《大阪》後日発表

映画情報どっとこむ TJ 清水富美加さんからのコメントです!

なんでもないんです。
文は、とりとめのない想像とものごとの感想を徒然なるままに書いて写真の背景は、ほぼ私服で思い出の場所や大好きな場所に行かせてもらいました。

この中で私は、笑ってたり、ぼーっとしてたり、すましたり、ブサイクだったり、浸ったりしてます。
aaa_00-1 他人が詰まった本って、そのまた他人にとってはどうでもいいことかもしれないですが、私にとってはどうでもいいことじゃないんです。この、22歳に間も無くなる女の子の中に、大切な沢山の良い思い出と嫌な思い出と、それらを作った思考回路と想像が詰まっているので。
自分だけはそれを大事にしてあげたいなと思って。
これは人間全員に言えることだと思うので。
出だしとは打って変わってあなたにとってなんでもない私のなんでもある、を見てもらって、あなた自身のなんでもない、に響いたらいいな、なんて。
おえー、恥ずかしい。う、うわー。
いやぁぁぁぁあぁぁああ
まっ、あの、手に入れやすいお値段になっておりますので、気軽に手にとってみてください。(笑)

Photo ©佐内正史

映画情報どっとこむ TJ そんな清水富美加さんが主演の映画『暗黒女子
は、2017年4月1日(土)公開です。
【暗黒女子】2
どうしていつみは死ななければならなかったのか?

この中の誰かが彼女を殺したのか?

物語が進むにつれて、事件の真相だけでなく、登場人物全員の<黒い秘密>も暴かれていく。

5つの物語の果て、驚愕のラストへ―美しすぎる彼女たちの抱えた<まぶしい暗黒>が解き放たれる時、衝撃と陶酔が一つになる密室ミステリー!

悪女たちがダマし合い、裏切り合う!エイプリルフール”公開にふさわしい作品!


公式サイト:
ankoku-movie.jp



***********************************

出演:清水富美加、飯豊まりえ
清野菜名、玉城ティナ、小島梨里杏/平祐奈

原作:秋吉理香子『暗黒女子』(双葉文庫)
監督:耶雲哉治
脚本:岡田麿里
制作プロダクション:ROBOT
配給:東映/ショウゲート

©2017「暗黒女子」製作委員会
©秋吉理香子/双葉社
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ