『君の名は。』が『リング』を抜いて台湾で歴代邦画興行収入1位に!!


映画情報どっとこむ ralph 台湾で歴代邦画興行収入ランキング1位を獲得

大ヒット上映中の新海誠監督作品『君の名は。』はですが、8月26日(金)に公開されるやいなや、わずか39日間で観客動員は1,000万人を突破、週末映画ランキングは驚異のV9を達成し、『君の名は。』は日本映画界に新たな歴史を刻みました。

君の名は。
そして!台湾では10月21日(金)に46スクリーンで公開。

公開週末3日間の興行ランキングで、日本映画としては『テルマエロマエ』(2012年)以来となる初登場第1位を飾り、その後もその勢いを失うことなく台湾でも大ヒットを続けていました。

そして、10月31日時点で台北での興収(52,909,581台湾ドル:約1.69億円)がそれまでの同国での日本映画の記録だった『リング』(1999年)の50,836,840台湾ドル(約1.62億円)を抜き去り、台湾で公開された日本映画として新たに第1位となりました!

10月31日時点の全台湾での興収は125,556,618台湾ドル(約4.01億円)となっており、引き続き公開中です。

シンガポールでは11月3日に公開を迎え、今後も、香港では11月11日公開、イギリスでは11月24日公開、韓国では1月上旬と各国で順次公開予定です。

ちなみに日本国内では、動員1354万人 、興収176億円(8月26日(金)-11月3日(木)までの70日間)まだまだ伸ばせそう!

映画情報どっとこむ ralph 君の名は。
物語・・・

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。

山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉(みつは)は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

「来世は東京のイケメン男子にしてくださ―――い!!!」

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。
見慣れない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。 戸惑いながらも、念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。

一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(たき)も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。

繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。

君の名は。やがて、二人は気付く。

「私/俺たち、入れ替わってる!?」

入れ替わってしまった身体と生活に戸惑いながらも、その現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。
君の名は。
出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す。

***********************************

監督・脚本:新海誠
作画監督:安藤雅司  
キャラクターデザイン:田中将賀  
音楽:RADWIMPS
声の出演:神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子 ほか

制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
配給:東宝
©2016「君の名は。」製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ