中原昌也 x 甫木元空監督『はるねこ』を語る先行上映


映画情報どっとこむ mari %e3%81%af%e3%82%8b%e3%81%ad%e3%81%93%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b6%e3%83%bc映画『はるねこ』は、『Helpless』(1996)やその後の『EUREKA』(2000)、『エリエリレマサバクタニ』(2005)をはじめとした作品で国際的な評価を受けてきた映画作家・青山真治が初めて長編劇映画をプロデュースした作品。

今回、12月17日からのユーロスペースでの劇場公開に先駆けて、先行上映会がユーロライブにて行われることが発表されました。ゲストには中原昌也氏を迎えて、監督の甫木元さんと作品に寄り添った対談が行わるれる予定。ここでしか聞けない内容の充実したトークイベントが開催となります。

日時:11月17日(木) 開演19:00
会場:ユーロライブ
渋谷駅下車、Bunkamura前交差点左折 渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F

チケット:ユーロスペース 劇場窓口(03-3461-0211)のみにて11月3日より発売

一般:1800円/学生:1400円
登壇者:中原昌也氏(作家・音楽家・映画評論家)、甫木元空監督

映画情報どっとこむ mari 映画『はるねこ』

12月17日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国順次ロードショー。

前売りチケットはユーロスペース窓口にて発売中!

サイト:haruneko-movie.com

監督は甫木元空(ほきもと・そら)。
手掛けた『終わりのない歌』(2014)が第26回東京学生映画祭にて準グランプリを受賞し、同作は第15回Nippon connection film festival Nippon visions コンペティション部門でも注目を集めました。山本政志監督や橋口亮輔監督などの助監督も務めています。

青山真治さんは多摩美術大学にて彼の才能を見出し、今回共同プロデューサーとして仙頭武則と数年ぶりにタッグを組むこととなりました。

百年でも人の口の端に上がる映画が作り続けられなければならない。

という考えから、本作品の配給のために脚本段階から編集、音響、宣伝配給に至るまで作品に寄り添う形をとっているそうです。

***********************************

制作・配給:Miner League /85分/ カラー / 2016 /
© Miner League
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ