ZE:Aのイム・シワン出演『戦場のメロディ』『弁護人』2本相次いで公開


映画情報どっとこむ ralph 中島裕翔主演の「HOPE~期待ゼロの新入社員~」の基になったドラマで、韓国で社会現象を巻き起こしたドラマ「ミセン-未生-」の主役を務め、“最も成功した演技ドル”と絶賛を受けるZE:Aのイム・シワンの魅力を十分に堪能できる映画が2本相次いで公開されます。


1本目は、朝鮮戦争まっただ中すべてを失った子供たちによる「児童合唱団」のピュアな歌声が人々の心を癒していく真実の感動作『戦場のメロディ』(10月29日(土)より、シネマート新宿ほか全国にて公開)をご紹介。映画初主演作の本作では、戦争孤児を集めて結成した児童合唱団を指揮する少尉イム・サンヨルを演じ、ピアノ演奏や指揮者にも初挑戦し、過酷な戦闘アクションから涙を誘う繊細な感情表現までを確かな演技力で表現する。監督のイ・ハンは「このまま初心を忘れず進んでいけば、恐ろしい俳優になる」と、その演技力に太鼓判を押している。
%e6%88%a6%e5%a0%b4%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%87%e3%82%a3
映画『戦場のメロディ』
原題:오빠생각

は10/29(土)シネマート新宿、11/5(土)シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー。

『戦場のメロディ』<あらすじ>朝鮮戦争まっただ中の1952年。家族も戦友も失ったハン・サンヨル少尉(イム・シワン)は、失意のまま最前線から釜山に転属。それで彼を待ち受けていた任務は、両親を亡くした多くの戦争孤児の世話だった。チンピラの悪事に利用されていた孤児たちを集め、サンヨルは得意の音楽を活かし「児童合唱団」を作り歌を教え始める。初めはぎこちなかった歌声にリズムと和音が生まれ、子供たちに笑顔が戻ったころ、戦地への慰問公演が決まる。だが、行き先は死と
隣り合わせの最前線だった・・。

監督:イ・ハン 
脚本:イ・ウンジュン 
製作:キム・ウテク  
出演:イム・シワン『弁護人』、コ・アソン『スノーピアサー』、イ・ジュニュク、パク・スヨン、イ・ヒジュン

2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル

配給:ハーク /
(c)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 2本目は、韓国で観客動員数1100万人突破の社会派映画『弁護人』(11月、新宿シネマカリテほか全国にて公開)。韓国が世界に誇る国民的俳優ソン・ガンホ主演で、弁護士時代の故ノ・ムヒョン元大統領が弁護を担当し、政治家転身のきっかけとなった冤罪事件「プリム事件」をモチーフに、国家に戦いを挑んだひとりの弁護士の奮闘を描く。イム・シワンは国家保安法違反容疑で逮捕されたクッパ店の息子ジヌを好演。本作が映画初出演の彼についてソン・ガンホも「これからが期待できる素晴らしい素質をもった俳優、役者だと思います」と大絶賛している。
%e3%80%8c%e5%bc%81%e8%ad%b7%e4%ba%ba%e3%80%8d%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%af%e3%83%b3
アイドルとしての人気もさることながら、確固たる演技力で役者としての道も切り開いているイム・シワン。
今後目が離せない彼の演技か光る2作品をぜひチェックしてみて!

***********************************

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ