愛あるサディスティック西川美和演出『永い言い訳』メイキング


映画情報どっとこむ ralph あの名優・本木雅弘も「できません」と苦戦
“サディスティック”な西川監督の演出に注目

『ゆれる』『ディア・ドクター』『夢売るふたり』の西川美和監督作品『永い言い訳』が10月14日(金)より公開になります。
%e6%b0%b8%e3%81%84%e8%a8%80%e3%81%84%e8%a8%b3 この度、主演・本木雅弘と西川美和監督の超貴重メイキング映像を公開!公開されたメイキングは、本木雅弘演じる「幸夫」が掴みかけた幸せを自ら台無しにしてしまう、中盤の核となるシーン。「幸夫」の心情について、西川監督から繊細な演出を受ける本木。自信なさげに「できない」と言う本木に、すかさず「できます!」と励ます監督とのやりとりが微笑ましい。監督の演出を真摯に受け止め、セリフに込める想いを自分のものにするため、ニュアンスを細部にまで渡り追求する本木の仕事に対する高いプロ意識が垣間見えると同時に、本木雅弘自身の愛らしい性格がにじみ出る映像でもある。

以前より、西川監督の演出に関して、“サディスティック”と語る本木だが、愛があるからこそのサディスティック(?)な西川演出は、作品にとっても俳優にとってもなくてはならないのかも。



映画情報どっとこむ ralph 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)(本木雅弘)は、妻・夏子(深津絵里)が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。まさにその時、不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族――トラック運転手の夫・陽一(竹原ピストル)とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。子供を持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝きだすのだが・・・

主人公の幸夫役に『日本のいちばん長い日』『天空の蜂』での演技が高い評価を得て、昨年度日本アカデミー賞最優秀助演男優賞等を受賞した本木雅弘。その他ミュージシャンの竹原ピストル、池松壮亮、黒木華、山田真歩、堀内敬子、深津絵里など、屈指の実力派俳優が脇を固め、ひとときも見逃したくない緊張感と豊かさにあふれた映画空間を創り上げます。

観る者の感情をかきみだす、かつてないラブストーリー
永い言い訳
10月14日(金) 全国ロードショー!!
公式サイト:nagai-iiwake.com

***********************************

竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子/池松壮亮 黒木華 山田真歩/深津絵里

原作・脚本・監督:西川美和
原作:『永い言い訳』(文春文庫刊)

製作:「永い言い訳」製作委員会(バンダイビジュアル株式会社、株式会社AOI Pro.、株式会社テレビ東京、アスミック・エース株式会社、株式会社文藝春秋、テレビ大阪株式会社)
制作プロダクション:株式会社AOI Pro.
配給:アスミック・エース
©2016「永い言い訳」製作委員会



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ