『ざ・鬼太鼓座』デジタルリマスター予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 第73回ヴェネチア国際映画祭クラシック部門(9月6日)でワールドプレミア上映された、『ざ・鬼太鼓座』デジタルリマスターの予告篇が完成しました。

%e3%81%96%e3%83%bb%e9%ac%bc%e5%a4%aa%e9%bc%93%e5%ba%a7
『ざ・鬼太鼓座』(1981年製作)は、世界的名匠・加藤泰監督(1916-1985)の遺作で、イベント上映以外は一般に公開されず、幻の映画とされてきました。それから35年、加藤泰監督生誕100年の今年、デジタルリマスター作業を行い、ついに封印が解かれる事となりました!

完成当時、加藤泰監督が「生まれて始めて思う通りのことをやれた映画」と語ったといわれる本作は、佐渡ヶ島で太鼓を鳴らし続ける芸能集団「鬼太鼓座」(※)の若者たちを撮影し、セットとロケを含めて約2年かけて製作されています。



この度、解禁された予告篇は、加藤泰作品を敬愛する映画監督・篠崎誠が手掛け、力強い彼らの演奏が、火山を模した美術セットや商店街など非日常と日常の両空間で、加藤泰監督の独自スタイルによって描かれる様を見ることができます。特に、大太鼓を叩く林英哲の姿を真下から捉えた超煽りショットは、強烈な印象を残します。

当時、脚本と助監督を担当した仲倉重郎は、真下から撮るために、大船撮影所で一番大きな第一ステージの床に、スタッフ総出で穴を掘ったとコメントしています。

映画情報どっとこむ ralph ジャパンプレミアは、11月に行われる第17回東京フィルメックスに決定。

『ざ・鬼太鼓座』デジタルリマスター

2017年1月21日(土)ユーロスペースにて公開です。

***********************************

出演:河内敏夫 林英哲 大井良明 藤本吉利 高野巧 風間正文 近藤克次 鎌田豊数 富田和明 小幡キヨ子 小島千恵子 梅沢容子 山本春枝 鈴木春美 森みつる

監督:加藤泰 脚本:仲倉重郎
撮影:丸山恵司 照明:野田正博
録音:西崎英雄 編集:冨宅理一
電子音楽:一柳慧
美術:梅田千代夫 美術デザイン:横尾忠則
製作主任:池田義徳 題字:粟津潔
製作:田耕 プロデューサー:田中康義
制作:松竹/松竹映像センター 技術協力:IMAGICA
配給:松竹メディア事業部

©1989「ざ・鬼太鼓座」製作委員会

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ