映画情報どっとこむ TJ 第4回を迎えた ≪ちちぶ映画祭2016≫が、9月18日(日)、19日(月・祝)、 西武秩父駅から徒歩3分の秩父市歴史文化伝承館内の2会場にてスタート。

『男はつらいよ 望郷篇』 上映後、オープニングセレモニーが行われ、登壇した倍賞千恵子さんのトーク&歌のプレミアLIVEで映画祭の幕開けとなりました。

%e3%81%a1%e3%81%a1%e3%81%b6%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad2016

「ちちぶ映画祭2016」オープニングセレモニー
『男はつらいよ 望郷篇』倍賞千恵子さん 舞台挨拶トーク&歌のプレミアLIVE

日時:9月18日(日) 
会場:秩父市歴史文化伝承館
登壇:倍賞千恵子、小六禮次郎(ピアノ)
MC:吉永みち子
後藤高志【西武鉄道取締役会長】
久喜邦康【秩父市長】

映画情報どっとこむ TJ 倍賞さん:初めまして、倍賞美津子です(場内爆笑)。この前は、“松原智恵子さんですか”と言われました(笑)

と、つかみがお上手。あるあるネタでトークは開始。

先程、スクリーンで(『男はつらいよ~』を)見て、随分、歳をとったなと感じましたが(笑)、今日はどうぞ宜しくお願い致します。今回初めて伺った秩父は、電車の窓から見える景色の数々が凄く豊かで、ホッとする場所ですね。

MCから『男はつらいよ』渥美清さんについて聞かれると、

倍賞さん:今日、上映させて頂いた『男はつらいよ 望郷篇』はシリーズ5作目ですが、実は本当は1作で終わる筈でした。それが大ヒットしたことでシリーズになり、皆さんに支えれらて愛される≪盆と正月の風物詩≫の様な作品になりました。山田洋次監督は、“こんなにヒットして続くなら、あんなに早くさくらを結婚させなければ良かった”と仰っていましたが(笑)。『男はつらいよ』は、日本が最も変わって行った時代を映した、当時の様々なファッションや世相が反映された玉手箱の様な作品です。そして舞台になった柴又は、作品が作られていた頃とは<内>は様変わりしましたが、シリーズが作られていた頃は映画の世界観を壊さない様、街並みを変わらずに残して頂いていたので、今も<外観>は変わっていません。また、シリーズが始まった頃は、役者さんも皆さん若く、喧嘩のシーンもかなりハードでお互い青痣を作りながら撮影していましたが、それも皆さん歳を重ねる内に、ハードな撮影は(体力的に厳しくなり)出来なくなりましたね(笑)シリーズ・レギュラー出演者で、生き残っているのは、前田吟さん、佐藤蛾次郎さん、吉岡秀隆さん、私の4人になりました(笑)

続けて、、

倍賞さん:渥美清さんは、今年で亡くなられてから20年になりますが、山田洋次監督も仰っていた、<贅肉のない俳優>さんでした。太っている/いないではなく(笑)演技のスタイルの事で、自信が無い俳優はついつい余計なことをしようとする。私は<普通であること>は俳優として演技として、一番難しいと思っています。普通=空気の様にそれが無いと初めてその大切さに気付く、そんな演技が出来た数少ない俳優さんが、渥美清さんでした。

歌手として役者として・・・そして今後について聞かれ

倍賞さん:歌手として、そして役者として、ここまで活動してきましたが、若い頃は、<二兎を追っても駄目だ>とよく言われました。でも、言われれば言われる程、やはり若い頃は突っ張っていたんでしょうね…(笑)<いつか何とか!>という気持ちで、歌手として役者として、ここまで来ました。そんな中でも、『男はつらいよ』は、この作品を通じて、世間や、自分の肉体を通じて何かを演じるということを学んだ作品です。

そして、山田洋次さんから連絡を頂き、今度、(寅さんの銅像がある)柴又に、さくらの銅像も立つ予定と伺いました(場内拍手)ただ、銅像というのは亡くなった方のイメージで私はまだ死んでいないので(笑)、それを  山田監督にお伝えすると、<君の銅像ではなく、君が演じた“さくら”の銅像だから良いんだよ>と(笑)

%e5%80%8d%e8%b3%9e%e5%8d%83%e6%81%b5%e5%ad%90この後、歌のLIVEがおこなれ、
渥美清さんとの想い出が詰まった『さくらのバラード』、歌手:倍賞千恵子さんの名前を一躍世に知らしめた最大のヒット曲『下町の太陽』、『サンライズ・サンセット』『忘れな草をあなたに』の4曲を熱唱し、今年8月4日≪没後20年≫を迎えた渥美清さんの魂にも向けて、澄み切った初秋の秩父の空と極上のハーモニーを奏でる大女優のエバーグリーンな歌声で本年度ちちぶ映画祭が華やかに幕を開けました!

映画情報どっとこむ TJ 明日9月19日(月・祝)には、映画「あん」樹木希林さんが登壇&舞台挨拶!が行われます。しかも40分。希林さんですから、とっても面白ートークになりそうです!

映画『あ ん』 
配給:エレファントハウス

(C)2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE
(C)2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

樹木希林さん舞台挨拶
日時:9月19日(月・祝) 11:00
※ 当日は映画上映後に、樹木希林さんの舞台挨拶(40分)を予定

映画情報どっとこむ TJ 19日のその他のメイン会場2階ホール上映作品は

『海よりもまだ深く』 (配 給: ギャ ガ)
上映日: 9月19日(月・ 祝) 14:30
『心が叫びたがってるんだ。』 (配給: アニ プレックス)
上映日: 9月19日(月・ 祝) 17:30

1階映画際コート上映作品は!

『リトル・フォレスト 夏・秋』 (配給:松竹 メディア事業部)
上映日:9月19日(月・ 祝) 10:30
『リトル・フォレスト 冬・春』 (配給:松竹 メディア事業部)
上映日:9月19日(月・ 祝) 12:50
『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(配給:アニプレックス)
上映日:9月19日(月・ 祝) 15:20

映画情報どっとこむ TJ 「ちちぶ映画祭 2016」 
日程:2016年 9月18日(日)、19日(月・祝)
会場:秩父市歴史文化伝承館(埼玉県秩父市熊木町8-15) 西武秩父駅より徒歩3分/秩父市役所と同建物
① 2階ホール【メイン会場】 
※大スクリーンと良質な音響空間で鑑賞する上映会場/定 員314名
② 1階映画祭コート    
※休 憩等自由に過ごしながら映画も観られる入退場自由の上映会場/定員70名
【概 要】ちちぶゆかりの作品を中心に全9作品を上映/全上映作品入場無料/メイン会場は各回入替制

【主 催】西武鉄道株式会社
【お問い合わせ先】 
≪~9/17(土)≫050-5541-8600/
ハローダイヤル (全日 8:00~22:00)
≪会期中のみ≫0494-22-3513
※上映会場/上映作品によって鑑賞方法が異なる為、詳細は最新情報含め公式サイトにてご確認下さい。
www.chichibufilmfestival.com  

twitter:@ChichibuFilmFes  

映画情報どっとこむ TJ 『男はつらいよ 望郷篇』  

山田洋次監督、渥美清主演の国民的人気シリーズ第5作目
旅先から故郷の葛飾・柴又に帰ってきた寅次郎。ちょっとした行き違いからいつものごとくおいちゃんと大げんかとなり“とらや”は大騒ぎ。と、そこへ、かつて世話になった親分が病に倒れ、寅次郎に会いたがっているとの知らせが。さっそく親分が入院している札幌の病院へとやって来た寅次郎。そこで寅次郎は親分からある頼み事をされるのだったが……。

【1970年/日本/上映時間1時間28分】

監督:山田洋次 
出演:渥美清、倍賞千恵子、長山藍子、井川比佐志、前田吟         
Ⓒ1970松竹株式会

***********************************

    あ
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ