映画情報どっとこむ ralph 世界3大映画祭を制覇し、長い間新作を熱望されていた映画監督エミール・クストリッツァの最新作『ON THE MILKY ROAD』(原題)が、現在開催中の第73回ベネチア国際映画祭の公式上映・記者会見が、行われました。

エミール・クストリッツァ監督は、

『パパは、出張中!』(85)、『アンダーグラウンド』(95)でカンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドール

『アリゾナ・ドリーム』(92)でベルリン国際映画祭銀熊賞

『黒猫・白猫』(98)でベネチア国際映画祭 銀獅子賞

と、世界三大映画祭を制覇していて、発表する作品、その全てが世界中の映画人に影響を与え、世界中の映画ファンを熱狂させ、日本でも定期的に特集上映が組まれる天才監督。

カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された『ウェディング・ベルを鳴らせ!』(07)以来、9年ぶりの長編映画となる本作は、監督・脚本にくわえ自身が主演もつとめ、昨年公開され全世界で大ヒットを記録した『007 スペクター』でボンドガールに抜擢されたモニカ・ベルッチがヒロインにすることが話題に。

レッドカーペットを歩く、モニカ・ベルッチに対して「モニカコール」が起きるなど、会場は盛り上がりました。
%ef%bd%83%ef%bc%89ernesto-ruscio

映画情報どっとこむ ralph 本作を場所や時代はまったく架空の設定で、名も無い土地で起こっている戦争を描くが、敵や味方が誰かは特定していない。詩的で、同時に力強いものを作ろうとしたというクストリッツア監督

記者会見では

監督:この作品は戦争が終わるところから始まっている。誰に聞いても分かるが、戦争において最もドラマティックなのは、戦争が終わった時からだと思っている。3年かけて、小説を手がけるように作り上げていった。長い旅”であれば色々と試せる。突っ走ったら、決していいものはできない。ベストなものを見つけるのは本当に苦労した。

と、長期にわたる制作の苦悩を言及しました。また、ヒロインのモニカ・ベルッチの起用について、

監督:ヒロインをイタリア人の設定にしたのは、モニカに合わせてのこと。男性が恋をしそうな役を書くのが一番楽しいね。

と語り、モニカ・ベルッチは、監督について、

モニカ:チャレンジングな監督よ。脚本はあるけど即興ばかり。監督だけでなく、役者、書き手、ビジネスマン、アーティストでもあるから多くのことを学んだわ。役もフェミニンで母性にあふれているし、今までで最も成熟した役かもしれない。

と監督の出会いを熱く語り、物語について、

モニカ:戦争中の話だけど何の戦争かは特定していない。美も苦痛も多い世の中を、政治的視点ではなく人間的視点で描いているの。戦争を描いているけど詩的だし、現実とイマジネーションの両方がある作品。希望、愛、セクシュアリティも伝えようとしてる。性欲や官能性は、その人のエネルギーから来るもの。年齢は関係ないわ。現代の人はもっと愛を信じるべきだと思う。

と、言及。また、ワールドプレミア上映では、エンドロールが始まる前から「ブラボー!」と声が鳴り響き、12分ものスタンディングオベーションとなり、大いに盛り上がりました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
戦時中のある村。毎日、ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちに品物を届けている牛乳配達人(エミール・クストリッツア)は、仕事では強運に恵まれ、村の美しい女性にも愛され、平穏な日々が彼を待っているはずだった。しかしある時、謎めいた美しきイタリア人女性(モニカ・ベルッチ)が現れ、彼の人生は一転。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人は熱狂的かつ危険な冒険に身を投じることに。情熱的で禁断の愛の物語のはじまりは、誰にも止めることはできなかったのだ・・・。

『ON THE MILKY ROAD』(原題)

2017年 全国ロードショー

原題:ON THE MILKY ROAD
監督:エミール・クストリッツァ
出演:エミール・クストリッツァ、モニカ・ベルッチほか

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ