映画情報どっとこむ ralph この度、ヒッチコックのドキュメンタリー映画原題: 「HITCHCOCK/TRUFFAUT」の邦題を『ヒッチコック/トリュフォー』とし、12月10日(土)より、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開が決定しました!
ヒッチコック/トリュフォー
ヒッチコックとトリュフォーの貴重なインタビューの音声テープと、このバイブルとも言える本に影響を受けた、マーティン・スコセッシ、ウェス・アンダーソン、黒沢清、デビッド・フィンチャーといった、映画界を代表するフィルムメイカーたちのインタビューを交え、ヒッチコックの映画術に新鮮な視点いきいきと現代に蘇らせたドキュメンタリーです。

邦題と、公開日が決定いたしました。

映画情報どっとこむ ralph 1962年、フランソワ・トリュフォーは、敬愛する偉大な監督アルフレッド・ヒッチコックに、インタビューをさせてほしいと熱望し、ヒッチコックは快諾。

2人は、国籍も、年齢も、キャリアも違いますが、意気投合し、長時間のインタビューが実現しました。そして1冊の伝説の本が生まれたのです。「Hitchcock/Truffaut」(「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」山田宏一・蓮實重彦訳)は世界中で出版され、“映画の教科書”として、映画関係者はじめ、すべてのクリエイターたちのバイブルとして、現在も読み継がれています。

本作では、監督をNY国際映画祭のディレクターのケント・ジョーンズが務め、当時のヒッチコックとトリュフォーの貴重な音声テープと、ヒッチコックを慕う監督、

マーティン・スコセッシ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』、

デビッド・フィンチャー『ゴーン・ガール』、

黒沢清『クリーピー偽りの隣人』、

ウェス・アンダーソン『グランド・ブダペスト・ホテル』、

リチャード・リンクレイター『6才のボクが、大人になるまで。』

ら、今日の映画界を牽引する10人のフィルムメーカーたちの貴重なインタビューを交え、ヒッチコックの時代を超えた映画術を新鮮な視点でいきいきと現代に蘇らせたドキュメンタリーです。

映画情報どっとこむ ralph 日本語字幕は、「定本 ヒッチコック/トリュフォー 映画術」の翻訳者でもある、映画評論家の山田宏一氏。

2015年カンヌ国際映画祭クラシック部門で上映され話題を集めた本作

ヒッチコック/トリュフォー

12月10日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

公式サイト:
公式サイト

***********************************

監督:ケント・ジョーンズ
脚本:ケント・ジョーンズ、セルジュ・トゥビアナ
出演:マーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、アルノー・デプレシャン、黒沢清、ウェス・アンダーソン、ジェームズ・グレイ、オリヴィエ・アサイヤス、リチャード・リンクレイター、ピーター・ボグダノヴィッチ、ポール・シュレイダー

提供:ギャガ、ロングライド
配給:ロングライド
日本語字幕:山田宏一

2015年/アメリカ・フランス/英語、仏語、日本語/80分/ビスタ/カラー/5.1ch

Photos by Philippe Halsman/Magnum Photos
(C) COHEN MEDIA GROUP/ARTLINE FILMS/ARTE FRANCE 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ