「愛・アムール」ゴールデングローブ 外国語映画賞受賞!


『愛アムール』ゴールデングローブ 外国語映画賞受賞!
第70回ゴールデングローブ賞の授賞式が日本時間14日に行われ、

ミヒャエル・ハネケ監督の

『愛、アムール』

が外国語映画賞を受賞しました!

パチ、パチ、パチ!(拍手)



本作は米国アカデミー賞に作品賞、監督賞、主演女優賞、脚本賞、外国語映画賞の5部門にノミネートされています。作品賞と外国語映画賞のダブルノミネートは異例ですし、エマニュエル・リヴァの主演女優賞最高齢ノミネートもあって、楽しみな作品です。

アカデミー賞のダークホースに躍り出ました。

因みにアカデミー賞授賞式は日本時間2月25日午前9:00から行われます。

日本では未だ公開されていないこの作品は2013年3月9日から全国ロードショーです。
公式ホームページ:http://ai-movie.jp/
********************************************************************


「愛・アムール」
<作品概要>
パリの高級アパートで穏やかに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。アンヌが病に倒れたことから、日常が一変する。麻痺の残る身体となり自宅に戻ったが、変わり果てた姿を見られたくないと、閉じこもりがちになるアンヌ。病状は確実に悪化し、心さえも失っていく。長年連れ添い、アンヌを愛しているがゆえに、その意思を尊重し、自宅で世話を続けるジョルジュだったが、意志の疎通もままならなくなったアンヌとの生活に徐々に追い詰められていく―。誰にでも訪れる‘老い’と‘死’をテーマに名匠ハネケ監督が鋭く描いた夫婦の愛の物語。

脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ 『ピアニスト』『隠された記憶』『白いリボン』
出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、
    イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー 
提供:角川書店、ロングライド、カウンターポイント 
配給:ロングライド

2013年3月9日、Bunkamura ル・シネマ、銀座テアトルシネマ、
新宿武蔵野館、他全国ロードショー
配給:ロングライド
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ