映画情報どっとこむ mari 『マイティ・ソー』シリーズのロキ役で大ブレイクし、現在“ポスト ジェームズ・ボンド”の最有力候補として世界中から熱い視線を集めるイケメン俳優トム・ヒドルストン他、世界的人気を誇る英国俳優たちが勢揃いし、SF小説の巨匠、J・G・バラードの原作を完全映画化した『ハイ・ライズ』が8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開となります。

ハイ・ライズ‗トム・ヒドルストン

マンションに越してきた若き医師ラングを演じるトム・ヒドルストンが劇中着用したオーダーメイドスーツがついに日本上陸!公開を1週間後に控える7月30日(土)より東京・渋谷と大阪・梅田を巡回することが決定しました! さらに、“ハイ・ライズの男達”が勢ぞろいする等身大パネルも同日より登場!

ハイ・ライズ‗等身大パネル

日本公開に合わせてロンドンから直輸入されたこのグレーのスーツは、劇中で主人公ラングがほぼ全編に渡り身にまとっているもの。セレブ向けマンション“ハイ・ライズ”に理想の生活を求めて引っ越しをしてくるラングは物語の狂言回し役であり、建物で起こる事件に一定の距離を置く傍観者でもあります。

しかし、その日和見的な性格を他の住人達から糾弾され、やがて厳しい選択を求められることに。

そんなラングの役柄に合わせたシンプルなデザインで、ヒドルストンのためだけに作られた一点ものだ。この衣装を手掛けたのは公開中の『ブルックリン』をはじめ『17歳の肖像』、『ナイロビの蜂』など数多くの作品で活躍するオディール・ディックス=ミロー。

映画情報どっとこむ mari 本作が原作そのままに70年代を舞台にした物語であることから、脚本からにじみ出るイメージに忠実に各キャラクターの衣装を開発したという。このスーツは、69年に『女王陛下の007』でジェームズ・ボンドを演じたジョージ・レーゼンビーが着用していたスーツにインスパイアされたものになっているといい、彼女からこのアイデアを聞かされたヒドルストンも大賛成だったそう。

ハイ・ライズ‗展示

その上で、『シャーロック・ホームズ』や『007 カジノ・ロワイヤル』などの衣装を担当しているロンドン・ソーホーのテーラーChris Kerrが制作した。スーツの上着に加えて、薄いストライプの入った白のYシャツと濃紺のドット入りネクタイという3点セットが揃って展示される。このスーツに限らず、各キャラクターの性格を反映した数々の70年代レトロの衣装や、パーティでのコスプレ全開の衣装からジャージや水着に至るまで、ファッション面でも大いに楽しめる本作の魅力をぜひこの展示で味わってほしい。

特に服飾系の学生さんは刺激になるかも!

映画情報どっとこむ mari ドクター・ラング衣装展/“ハイ・ライズの男達”等身大パネル 展示概要

<東京>
等身大パネル:7/30(土)~8/14(日)  HMV&BOOKS TOKYO(東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ6F)
※劇場半券をお持ちの方、全商品5パーセントOFFのサービスも!
衣装:7/30(土)~8/14(日)  ヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区渋谷1-23-16 ココチビル7・8F)

<大阪>
等身大パネル:7/30(土)~上映期間中  シネ・リーブル梅田(大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト3・4F)
衣装:8/18(木)~8/29(月)  シネ・リーブル梅田

映画情報どっとこむ mari

先日発売開始された巨匠J・G・バラードの名作SF小説の復刻版が好調!

完全映画化『ハイ・ライズ』
原題:High-Rise

ハイ・ライズ公式HP
 
公式Twitter:
@HighRise_JP

***********************************

ハイライズ物語・・・
高名な建築家ロイヤルによって設計された高層マンション(ハイ・ライズ)群は、ロンドンにほど近い通勤圏内にありながら、喧噪から切り離された別世界。各戸はラグジュアリーな内装と抜群の眺望を誇り、敷地内にはスーパーマーケット、プール、医療施設、小学校など、あらゆる設備が整っている。理想のライフスタイルを求めてこの場所に引っ越して来た医師のラングは、毎晩のように隣人たちが開く派手なパーティに招かれて新生活を謳歌していた。しかし、ラングは低層階に住むワイルダーから、この建物にはフロアごとに階級が存在し、互いに牽制しあっている事実を知らされる。そして、ある晩起きた停電を境に住民たちの問題は顕在化し、マンションは内部から崩壊を始める。

監督:ベン・ウィートリー
原作:J・G・バラード(「ハイ-ライズ」「太陽の帝国」「クラッシュ」)

出演:トム・ヒドルストン(『マイティ・ソー』シリーズ)、ジェレミー・アイアンズ(『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』)、ルーク・エヴァンス(『ドラキュラZERO』)、シエナ・ミラー(『アメリカン・スナイパー』)、エリザベス・モス(「マッドメン」)、ステイシー・マーティン(『ニンフォマニアック』)

2015年/イギリス/119分

配給・宣伝:トランスフォーマー
© RPC HIGH-RISE LIMITED / THE BRITISH FILM INSTITUTE / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ