映画情報どっとこむ mari 10月22日(土)公開。
この度、アカデミー賞®女優ナタリー・ポートマン製作・主演、ユアン・マクレガーとの共演で話題の映画『ジェーン』。
ジェーン

初の映像素材となる予告編とポスタービジュアルが完成・到着しました!

米国の映画人が毎年選出する“未映画化の名脚本”「ブラックリスト」に選出された珠玉の物語。実生活でも母となったナタリー・ポートマンが惚れ込み自ら製作・主演を務めたことでも話題を集めた本作。

今回到着した予告編には、南北戦争直後のニューメキシコ周辺でならず者に追われる身のジェーン(ナタリー・ポートマン)が「もう逃げない」と決心し自ら銃を手に取って戦う決意を固める凛々しい姿が収められています。ナタリーが実生活でも母親となったことで演技に説得力が増しており「この愛だけは、奪わせない。」という力強いコピーとともに彼女が本当に描きたかった愛の形が伝わり期待高まる予告編となっています。さらに全米批評家が唸った怪演を見せつけたユアン・マクレガーにも注目!本人と気づかないほどのカメレオンぶりで見事に演じきった悪役ぶりは圧巻の一言! さらに「スター・ウォーズ」で一躍世界的俳優となったジョエル・エドガートンの姿も。

 

「スター・ウォーズ」で世界を熱狂させたナタリー/ユアン/ジョエルが宇宙から西部に舞台を変えて、再び日本に愛の感動を巻き起こします。

映画情報どっとこむ mari ジェーン_ポスターこの銃で、愛を守る。

アメリカ西部で夫と娘とともに穏やかに暮らしていたジェーン(ナタリー・ポートマン)。

しかしある日、夫が撃たれ、逃げ帰って来たことでその平穏は奪われてしまう。

相手は悪名高きビショップ一家。地の果てまで追い続け、全てを奪い去るビショップ(ユアン・マクレガー)の恐ろしさを知るジェーンは、瀕死の夫と愛する娘を守るため、わらにもすがる思いから南北戦争の英雄でかつての恋人・ダン(ジョエル・エドガートン)に助けを求める。迫る敵を前に、徐々に明らかになるそれぞれの過去、そして人生の真実。

運命に抗い、戦うことを決意したジェーン。

彼女は今、愛のために銃を取る。

ジェーン

公式HP:jane-movie.jp

***********************************

ナタリー・ポートマン
(『レオン』『スター・ウォーズ エピソード1,2,3』『ブラック・スワン』アカデミー賞®主演女優賞受賞)
ユアン・マクレガー
(『トレインスポッティング』『スター・ウォーズ エピソード1、2、3』『チャーリー・モルデカイ』)
ジョエル・エドガートン
(『スター・ウォーズ エピソード2、3』『ウォーリアー』『華麗なるギャツビー』『ブラック・スキャンダル』)
ノア・エメリッヒ(『トゥルーマン・ショー』)
ロドリゴ・サントロ(『300』シリーズ、『ラストスタンド』)

監督:ギャヴィン・オコナー
(「ミラクル」「プライド&グローリー」「ウォーリアー」)
脚本:ブライアン・ダッフィールド、アンソニー・タンバキス、ジョエル・エドガートン
製作:ナタリー・ポートマンほか
音楽:マルチェロ・デ・フランシス、リサ・ジェラルド(『グラディエーター』でゴールデン・グローブ賞音楽賞受賞)
撮影:マンディー・ウォーカー「オーストラリア」

2016/アメリカ/スコープ/98分/ドルビーデジタル/
PG-12

宣伝:KICCORIT 
配給: ポニーキャニオン 
(C)2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ