上野版ピンクなニュー・シネマ・パラダイス!?「華魂 幻影」初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ “ピンク四天王”と称される佐藤寿保監督が、「さよなら渓谷」で真木よう子の相手役を務めた大西信満を主演に迎えた18禁のアダルトな最新作「華魂 幻影」が4月30日(土)に新宿ケイズシネマで公開され、初日舞台挨拶が行われ、主要キャストが登壇しました。

「華魂-幻影」初日舞台挨拶
「華魂 幻影」初日舞台挨拶
日付:4月30日
場所:K’sシネマ
登壇:大西信満、三上寛、真理アンヌ、川瀬陽太、愛奏、稲生恵、佐倉萌、川上史津子、佐藤寿保監督

映画情報どっとこむ TJ 「華魂-幻影」初日舞台挨拶_佐藤監督 MC:この映画にかけられた思いを教えてください。

佐藤監督:昨今次々と良心的な映画館がなくなっていく中で、まさしく閉館になる映画館を舞台にした映画をやらなければいけないと今回はやってみました。老若男女の今の世に対する鬱憤と言いましょうか、嘆いてばかりはいられないということで、この映画を観て頂いて、“爽やかな気持ち”で帰って頂ければと切に願っております。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_佐藤監督1
MC:ところで今回、ヒロインのイオリさんがいませんが?

佐藤監督:僕もショックなんですが、事務所を通じて、引退というように聞いているんですけれど、僕はピンク出身で、昔一度消えた女優さんがまた復活してスクリーンを飾ってくれるという例もあったんで、この映画を観て頂いて、スクリーンの中で再登場してくれるんではないかなと。オーディションで選んだんですが、本当に体当たりで、その透明感を目に焼き付けて頂ければと思います。

過去記事:イオリさんも登壇した「華魂 幻影」完成披露試写舞台挨拶はこちら

MC:沢村役を演じられた主演の大西信満さん。今回、演じるにあたって苦労された点などありますか?また、撮影のエピソードはございますか?

大西さん:上映前の舞台挨拶というのは、しゃべれないことも多く、困ってしまうこともあるのですが、この作品に関しては、観てもらってなんぼだと思っています。文字でいくら伝えたところで、観て頂いた時のインパクトを超える言葉を僕には見つかりません。そのライブの色んな想いがものすごく詰まっている作品だと思っています。関係試写で観た時に私自身すごく驚いた作品です。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_大西信満
MC:とり壊し前の最後の2日間に映写室などのシーンを撮った旧上野オークラ劇場。、先日5月末で閉館になることが発表された飯田橋くらら劇場でも撮影していますが、相次ぐ映画館の閉館についてどう思われますか?

大西さん:ただただ残念です。過去自分自身が地方の劇場を回ってきた中で、毎年のように、『どこどこが閉館になった』だというニュースを聞きます。地方の劇場、ミニシアターの方たちは、東京から舞台挨拶にお邪魔すると、すごく温かく迎えてくれて、一人一人想い出があるんです。そういう人間関係が経ち切れてしまうわけだから、この映画をご覧になって頂いて、どうやったら小さな劇場を応援していくことができるかなっていうことを皆で一緒に考えていくきっかけになれば嬉しいです。

映画情報どっとこむ TJ MC:三上寛さん、今回は劇場の支配人を演じられましたが、久しぶりのラブシーン、しびれました。撮影のエピソードをお願いします。

三上さん:話があったときに、一番感じたのは、『上野版”ニュー・シネマ・パラダイス”』だね、と。古い映画館の話なので。私なんかも若いころピンクが好きで、想い出の場所なんです。ああいう映画館いっぱいありましたよね。昔ビートルズの映画を観たのは、東北のあるピンク映画館だったんです。(会場「へー」)なんだかよくわからない映画が来るとピンクでやるんですよね。東京の人は『ビートルズの映画は人がいっぱいで観れなかった』と言っていましたが、私は貸し切りですよ。(会場笑い)私は恩があるんですね、ピンクの劇場に。東京に出てきたとき、東京に慣れない時もピンク映画を見ていると満たされました。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_三上寛
MC:真理アンヌさん、クライマックスの暴れっぷりが見事でしたが、演じてみていかがでしたでしょうか?

真理さん:最初びっくりしちゃって。台詞がとにかく下半身の下ネタで、どう言ったらいいのか戸惑って、でも、やったことがないから面白いなって思ったんですね。やっててすごく面白かったです。楽しかったです。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_真理アンヌ
MC:劇中映画「激愛」の主演の川瀬陽太さん、今回の現場はいかがでしたか?

川瀬さん:監督が先ほど『爽やか気持ちになってほしい』と言っていましたけれど、なるわけがないじゃないですか!(会場爆笑)いい加減気づいて下さい!(会場爆笑)佐藤寿保監督とはかねてから付き合いがありましたが、仕事という仕事でかかわったのはこの作品が初めてだったので、かつて観ていた寿保さんの狂気の世界に自分が入っていくのは初めてだったので、楽しみました。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_川瀬陽太
MC:劇中映画「激愛」のヒロインを務められた愛奏さん、寒い中での撮影だったので、完成披露試写では、『普段の乳首と違うんです』とおっしゃっていましたが、撮影はいかがでしたか?

愛さん:今日はそのことは忘れて、今日は絶対変なことを言うのはやめようと思っていたんです。冷たいところにいると、人間は頭が痛くなるということを初めて知りました。次の日体が痛くて、グーグル先生に聞いたら、震えている時に筋肉が知らない間にぶるぶるなるから勝手に筋肉痛になってしまうということがわかりました。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_愛奏
映画情報どっとこむ TJ MC:裕美役を演じられました稲生恵さん、撮影のエピソードなどを教えて下さい。
稲生さん:初めての相手が三上寛さんで、すっごくよかったです!(会場爆笑)
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_稲生恵 監督:誤解を生むよ!
MC:本当に頑張りましたよね。

MC:みどり役を演じられました川上史津子さん、撮影のエピソードを教えて下さい。

川上さん:『華魂 誕生』を公開当時にこの劇場で観まして、痛みもある映画なんですけれど、最後にカタルシスがすごくて、第二弾のオーディションがあると聞いて飛びつきました。皆さん、帰り道にはきっと華魂があったらいいなと思われるんじゃないかと思います。普段隠さなくてはいけないと言われている欲望を皆さんお持ちだと思うので、帰り道に人を襲ったりしないように気を付けながら観て頂ければと思います。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_川上史津子
MC:久美役を演じられました佐倉萌さん、撮影のエピソードなどを教えて下さい。

佐倉さん:ここに華魂入っていませんから(と、妊娠中のお腹をさす。)寿保監督の作品は、『刺青 SI-SEI』(2005)から約10年ぶりでした。前作も拝見したのですが、今回はメルヘン色がめちゃくちゃあると思いました。メルヘンチックな作品になっていると思います。
「華魂-幻影」初日舞台挨拶_佐倉萌
映画情報どっとこむ TJ MC:最後にメッセージをお願いします。

大西さん:初めてお客さんに観て頂くこの瞬間を楽しみにしていました。すごく嬉しいです。もし観ていいなと思って頂けたら、なるべく次のお客さんにつないで頂けると嬉しいです。

佐藤監督:観ているお客さんの『映画を観たい』という気持ちは普遍的だと思います。昨今のテレビや映画で満足しきれない部分を補ってくれる“超R作品”です。目を背けずに、脳みそまで届いてくれたらと切に思っています。

「華魂-幻影」初日舞台挨拶last
エロ・グロ・狂気そして情熱な

華魂 幻影

4月30日よりケイズシネマにて公開中。

公式HP:http://www.hanadama-movie.com/

あらすじ
華魂 幻影2閉館間近の映画館の映写技師で沢村貞一(大西信満)は、毎日狭い映写室からスクリーンを見つめ続ける日々を送っていた。

ある日、画面に見えるはずのないものが見えだしていた。黒ずくめの少女(イオリ)である。少女は何かを訴えるように沢村を見つめている。上映後、フィルムをチェックするが、少女などどこにも映っていない。

華魂 幻影ある日、上映後の客席に幻影で見たあの黒ずくめの少女が目の前にいた。沢村は、少女を劇場の映写室の控え室でかくまう。上映中、ふと気がつくと、少女がいなくなっている。少女を捜すがどこにもいない。街をさまよう沢村。少女の幻影が沢村を誘う。

少女に導かれるように、川原に来る沢村。沢村の失われた記憶が蘇る・・・。少女の頭に毒々しい色の花“華魂”が不気味に咲いている。少女は一体誰なのか。沢村との関係は。

****************************

華魂 幻影ポスター出演:大西信満 イオリ 川瀬陽太 愛奏 吉澤健 真理アンヌ 三上寛 他

監督・原案:佐藤寿保 
プロデューサー:小林良二 
脚本:いまおかしんじ 音楽:大友良英
共同研究:東京工芸大学 

制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション  
製作:華魂プロジェクト
2016年/日本/カラー/ステレオ/83分
(c)華魂プロジェクト
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ