楽天イーグル戦に250年の時を超え阿部サダヲが始球式『殿、利息でござる!』


“平成の司馬遼太郎”の呼び声高い磯田道史氏の近著『無私の日本人』(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、今最も注目を集める中村義洋監督が完全映画化。

映画『殿、利息でござる!』は、今から250年前の江戸時代、実在した人々の奇跡と感動の歴史秘話を、豪華キャストでユーモアたっぷりに描いた、痛快歴史エンターテインメント超大作です。

そして、この度、250年の時を超え、穀田屋十三郎(阿部サダヲ)がプロ野球、楽天イーグルスVS千葉ロッテ戦の始球式に登場!始球式を行いました。
殿利息楽天始球式2
着物を身にまとい、大きく振りかぶって投げられたボールは、・・・

『殿、利息でござる!』楽天イーグルス始球式 概要
日時:4月13日(水) 17:45-18:05
場所:楽天koboスタジアム宮城
登壇者:阿部サダヲ



場内の観客のみなさんに向かって穀田屋十三郎(阿部サダヲ)が挨拶しました。

阿部さん:楽天koboスタジアム宮城にお越しの皆さま、こんにちは!穀田屋十三郎です。私は約250年前の江戸時代、仙台藩・吉岡宿、今でいう大和町に実在した人物です。まずは5月7日にここ宮城で先行公開致します。そして、14日に全国公開です。殿様にお金を貸して、その利息で町を救った格好良い男達、9人の男達、9人の男が頑張る…野球でございます!ぼくは野球が大好きでございます!ありがとうございます。ハラハラドキドキしながら、最後には感動する、そんな映画ができあがりました。是非皆さんご覧ください!後ほど、始球式をやらせて頂きます!

楽天始球式1
続いてマウンドに登場!!
着物ながら、大きく足をあげて投げたボールは、見事、ノーバウンドで外角低めに決まりました。投球がキャッチャーミットに収まると、スタジアムは大歓声に包まれました。

投球後は、楽天・キャッチャー嶋選手と熱く握手を交わしました。



続く囲み取材では、始球式を無事に終えたホッとしたような穀田屋十三郎(阿部サダヲ)が登場。感想を聞かれると、

阿部さん:なんか真っ白な感じでしたね、緊張して。でも嶋さんがとても優しかったです。ナイスピッチング!と言って頂きました!着物ですし上手く投げられないかな、と思っていたのですが、意外とちゃんと投げられました。練習の時より足が上がったのでびっくりしました!ってなんかヒーローインタビューみたいですごく緊張しますね(笑)

と心境を語りました。

練習も上手くいきましたか?と問われると

阿部さん:練習でコーチして頂いた方から、芸能人の方は本番になると必ずストライクが入るとプレッシャーをかけられまして、怖くなりました(笑)野球は高校までやっていましたが、今回は着物にちょんまげですから関係ないです(笑)」と答え、最後に「この映画はとても感動して楽しめる話ですので、野球ファンの方をはじめ、宮城の方、そして全国の皆さんにも、たくさんの方々にご覧頂きたいです!


と取材を終えました。



***********************************


「殿、利息でござる!」ポスター物語:金欠の仙台藩は百姓や町人へ容赦なく重税を課し、破産と夜逃げが相次いでいた。さびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿で、町の将来を心配する十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の篤平治(瑛太)から宿場復興の秘策を打ち明けられる。それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。計画が明るみに出れば打ち首確実。千両=三億円の大金を水面下で集める前代未聞の頭脳戦が始まった。「この行いを末代まで決して人様に自慢してはならない」という“つつしみの掟”を自らに課しながら、十三郎とその弟の甚内(妻夫木聡)、そして宿場町の仲間たちは、己を捨てて、ただ町のため、人のため、私財を投げ打ち悲願に挑む!

主演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 竹内結子 寺脇康文 きたろう 千葉雄大 橋本一郎 中本賢 西村雅彦
主演:濱田岳(ナレーション) 重岡大毅(ジャニーズWEST) 羽生結弦(友情出演) 松田龍平 草笛光子 山﨑努
監督:中村義洋   
原作:磯田道史『無私の日本人』所収「穀田屋十三郎」(文春文庫刊)
制作・配給:松竹   
製作©2016「殿、利息でござる!」製作委員会


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ