山田洋次監督ら著名人がコメント「シェーン」全国順次ロードショー


「シェーン!カムバック!」デジタルで戻ってきた!
淀川長治さんも絶賛!永遠の名作の復活に映画界大物のコメントが続出。

4月9日(土)より丸の内TOEI②他にて全国順次公開される
シェーンデジタルリマスター版』。

シェーン
そして、この度、

山田洋次監督、ワダエミさん等、映画史に名を遺す重鎮のコメントや1973年のリバイバル公開時のパンフレットへの寄稿文から抜粋された、故・淀川長治さんの絶賛コメントや、今回の公開にむけて初めて提供された海外版DVDのオーディオコメンタリーから、サム・ペキンパー監督が自身の作品との比較をしながら本作を語ったものなどが解禁となりました。

山田洋次さん(映画監督)
今観るとよく判る。
少年のシェーンへの憧れよりもシェーンが人妻に抱いた激しい慕情こそこの作品テーマだということが。

逢坂剛さん(作家)
あのシェーンが、文字どおりカムバックした!
これを見ずして西部劇、いや映画を語ることはできない。
西部劇に縁の遠い、女性と子供にこそ見てほしい、映画史に残る傑作だ。

菊地秀行さん(小説家)
矜持に支えられた寡黙、胸中に秘められた思慕、正しき者を救うべく閃く早射ち、そして、去り行く孤影。「シェーン」に描かれたのは、日本人の美質なのだ。

ワダエミさん(衣装デザイナー)
幼い頃に観たあの「シェーン!カムバック!」は、私にとって今も色褪せずに残る映画原体験です。世界のどこにいても仕事を一つ終えるごとに、振り返らず去るシェーンの後ろ姿が蘇ります。過去を振り返る必要はないのだ、と。


シェーン2
淀川長治さん(映画評論家)
※「シェーン」リバイバル版パンフレットより
これはアメリカ映画の不死鳥である。生涯この映画の美しい想い出は消えまい。いまもこの映画のビクター・ヤングの主題曲が聞えてくる。私はこの映画をハリウッドのスタジオの試写室で、その出来たばかりのフィルムを10人ぐらいのスタジオの人たちと見たのであった。そして泣いた。

サム・ペキンパーさん(映画監督)
※「シェーン」海外版DVDオーディオコメンタリーより
最高の西部劇だ。
今まで殺人とはならず者が行うもので、本当の暴力は描かれてこなかったが、この作品が変えたと言える。

物語・・・
シェーンポスター1953年、その後の映画史を塗り替える1本の傑作が誕生した。
南北戦争後の西部。厳しい大自然と、横暴な牧場主との軋轢に苦しむ開拓民一家のもとに現れた一人の流れ者。やがて開拓者たちと友情で結ばれた男は、牧場主の暴力が激しくなってゆくなか、最後の闘いに挑む・・・

西部劇でありながら、抑制の効いたガンアクションと共に、時代に取り残されつつある男の矜持や、一家との心の交流を描き、公開時には“新たな西部劇”と呼ばれた本作は、その後、世界中の名匠に多大なる影響を与えることとなり、そのヒーロー像は数多くの映画の原型となっていった。

そして遂に、『シェーン』が、アカデミー賞撮影賞を受賞した雄大なワイオミングの大自然と、切なく鳴り響くテーマ曲“遥かなる山の呼び声”と共に大スクリーンにデジタルリマスターで蘇る!価値観が多様化する時代を迎えヒーロー不在が叫ばれる中、時代を超えた普遍的なカッコ良さを体現するシェーンが、いま、どの様に世に問われるのか?

ぜひ映画館で!

『シェーンデジタルリマスター版』

4月9日(土)丸の内TOEI②他全国順次ロードショー

公式サイト:http://shane-movie.jp/
Twitter: https://twitter.com/shane_movie2016
Facebook: https://www.facebook.com/shane2016

第26回アカデミー賞R撮影賞受賞作品作品賞、監督賞、脚色賞、助演男優賞ノミネート

********************************************************************

出演:アラン・ラッド、ジーン・アーサー、ヴァン・ヘフリン、ブランドン・デ・ワイルド、ウォルター・ジャック・パランス、ベン・ジョンソン、エリシャ・クック・Jr
製作・監督:ジョージ・スティーヴンス
1953年/アメリカ/118分/モノラル
配給:東北新社・Presented by スターチャンネル
Shane(tm) & Copyright (c) 2016 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ