タランティーノの奇才ぶり暴露!栗山千明、種田陽平『ヘイトフル・エイト』トーク


ヘイトフルエイトクエンティン・タランティーノ監督による雪山のロッジを舞台に“ヘイトフル”なクセ者8人が殺人事件をきっかけに「嘘」と「嘘」をぶつけ合う密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が、2月27日(土)より公開されます。

この度、日本の映画制作現場では考えられない、いやハリウッドでさえ型破りなタランティーノの映画づくりの秘密を、「ヘイトフル・エイト」、「キル・ビル vol.1」の美術監督を務める種田陽平と、「キル・ビルvol.1」に抜擢された女優・栗山千明がたっぷりと語りました!
『ヘイトフル・エイト』栗山千明
『ヘイトフル・エイト』公開記念トークイベント
日程:2月15日(月)
場所:スペースFS汐留
登壇:種田陽平(美術監督)、栗山千明(女優)
   高橋ヨシキ(映画秘宝アートディレクター、映画ライター)

MC:まず、お二方に一言ずつお願いいたします。

種田さん:今日はお寒い中ありがとうございます。
一般の方の試写会は今回が初めてなのですが、傑作ですので楽しんでください!
3時間あっという間です!

栗山さん:本日はお越しいただきまして、ありがとうございます。私は『キル・ビル』という作品でタランティーノ監督とお仕事をさせていただいて以来、彼の作品の大ファンになりまして、本作もすごく楽しめました。今日はその面白さを少しでもお伝えできればと思います。

MC:それでは本作について、改めて詳しく教えてください。

種田:『キル・ビル』みたいな派手な作品ではないけど、アメリカでは”マスターピースだ!”と言われてますね。ただ、血だらけなのは変わらないです(笑)

高橋さん:今回も予想を上回る血の多さで、そこも楽しめます。もちろんそこだけじゃないですよ(笑)

栗山さん:私はタランティーノ監督のブラック・ユーモアが好きなのですが、今回ミステリー要素もあって、犯人は誰だろうって自分でも推理できるんです。3時間という長い時間なんですけど、ずっと観ていられるのは、脚本だったり、役者の演技が素晴らしいからだと思います。

高橋さん:ブラック・ユーモアと一口に言っても、映画で表現するのはすごく難しくて、例えば本作では、女性のキャラクターが思いっきり殴られるシーンがあるんですけど、それを女性が観ても笑えるシーンになっていますし、それができるのはタランティーノだからだと思います。

種田さん:クエンティンは、人種差別をしないんですよね。差別意識が無いから、そういうシーンがあっても清清しささえあります。

高橋さん:みんな等しく酷い目に遭いますもんね(笑)

栗山さん:『キル・ビル』の撮影時がそうだったのですが、同じ空間にいると、酷いシーンがどんどん楽しくなってきて周りにそういう空気感が感染するんです。私自身もアイディアを出して、監督に提案できるようなアットホームな雰囲気がありました。

種田さん:彼は撮影をやめようとしないんです(笑)
なんでやめないのって聞いたら、「映画作りが好きだから」って言うんですよ。例えば、彼は脚が好きなんですが、『キル・ビル』では、栗山さんだったりユマ・サーマンの脚のシーンを何度も撮ってるんです。しかもアングル変えて何度も。本作では、駅馬車から次々と人が降りるシーンがあるのですが、一番こだわっていたのが踏み台でしたね。デザインや、きしみ具合にすごくこだわっていて、朝から撮っていて、昼に行ったら、まだ「もう一回!」とかやってるんです。

栗山さん:脚フェチの話だと、『キル・ビル』の撮影の際、制服のデザインは早い段階で決まっていたのですが、最後まで靴と靴下のデザインに悩んでいました。試作品を作ってまでこだわっていましたね。

 『ヘイトフル・エイト』トーク
MC:そういうこだわりの部分が、高橋さんにとっては堪らないのでしょうか?

高橋さん:彼の作品を観ていると、色んなシーンで脚へのこだわりが感じられますよね。
今回は女性の脚は出てこないけど、さっきの駅馬車のシーンは話を聞く前から良い音するなと思っていました(笑)

MC:種田さんにタランティーノから二度目のオファーを受けた時はどういう気持ちでした?

種田さん:嬉しくもありましたし、プレッシャーもありましたね。

高橋さん:これは例えれば、アメリカ人が時代劇のセットを作るようなものですよね。種田さんに伺いたかったのですが、山小屋のセットだと光源が限られると思うのですが、それはどうしたんでしょうか?

種田さん:通な質問ですね(笑)。確かに光源は限られたので、天井の隙間越しにライトの光を漏らしたらどうかとクエンティンに提案したら、大喜びしましたね。あと、スタジオの中も零下5度の気温に保って撮影をしました。なので、キャストたちの白い息は全部本物なんですよ!これにはキャストたちもさすがに参っていました。みんなシーンが終わるたびにすぐ外に出ていっていましたよ(笑)

MC:タランティーノの魅力って何なんでしょうか?

栗山さん:撮影がすごく楽しいんです。もちろん現場は大変なのですが、スタッフのチームワークも良いですし、彼自身が気配りもして、現場の雰囲気を良くしようとしますね。

種田さん:彼は役者さんが大好きなんです。役者さんを演出しているのがものすごく好きだから、「もう一回!」って言って、何テイクも撮るんです。「良いんだけど、もう一回!」って。

栗山さん:確かにそんな言い方しますね!

種田さん:最近はさらに変わってきて「OK!だけど、もう一回!」って言うようになって。すると周りのスタッフがみんなで「Because,We love making film!」て言うんです(笑)役者さんは嫌とは言えないですよね。

高橋さん:70mmフィルムで撮った本作ですが、カメラが大きいから撮影は大変だったのでは?

種田さん:70mmは、35mmに比べて横にすごく長いんです。そして映像も決め細やかだから、是非、大きなスクリーンで観て欲しいですね。人物配置が横長ひとつの画面に入るんです。 だから、結末が分かった後、もう一度観る楽しさもありますよね。

高橋さん:音楽の話になりますけど、今回はモリコーネに書き下ろして頂いたんですよね。

種田さん:これまではすでに出来ている楽曲を使っていたけど、今回は現在87歳の憧れのモリコーネに書き下ろして頂いたわけだから監督にとっても感無量でしょうね。

高橋さん:タランティーノは10本映画を撮ったら引退するって言ってますが、今回こうやって奇跡的に実現してよかったですよね。

種田さん:『キル・ビル3』もまだ可能性残っていますからね(笑)

栗山さん:そうなんですか?!でも、私の役死んでますしね。当時の役でも、大分歳が、、、(笑)

MC:栗山さんはまたタランティーノ監督と仕事したいですよね?

栗山さん:もちろんまたご一緒したいです!タランティーノと会う度に話すのが、「千明、英語の勉強はしてる?」、「その代わり僕が日本語を覚えるよ」って言うんですが、お互い上達していないです(笑)

種田さん:彼はよく、「あっそう」って日本語を使うんです。あと千葉真一さんの真似で、「ベリーグー!」て言葉を使うんですよね。英語と分かっていないみたいで、日本語だと思って使ってます(笑)

MC:種田さんは次のタランティーノとの作品の予定はありますか?

種田さん:僕は彼の4本目、8本目の作品に関わってますから、次は12本目でしょうか。でも、今回参加できて本当に良かったです。なぜならこの作品は“マスターピース”だから!皆さんもそんな風に宣伝して欲しいですね。

MC:全編が見所かと思いますが、どこに注目して観て欲しいですか?

種田さん:キリストの顔ですね。あと、セットがワンルームなんだけど、ワンルームに見えない。70mmだからこそですよね。あと、駅馬車に名前を付けてるんです。そういう細かいところも楽しんで欲しいです。

MC:高橋さんはどこに注目して観て欲しいですが?

高橋さん:前半が後半に向けてとても丁寧に作られているので、前半をしっかり観てれば観てるほど、後半が面白くなります。

MC:本日はどうもありがとうございました!

ヘイトフル・エイト』(原題:The Hateful Eight)

2月27日(土)全国ロードショー

公式サイト: gaga.ne.jp/hateful8.


********************************************************************

ヘイトフル・エイト_ポスター『ヘイトフル・エイト』

雪嵐のロッジに閉じ込められたクセ者8人、そこで起こる殺人事件。
ぶつかり合う「嘘」と「嘘」、やがて浮かび上がる予想外の「真相」―。生き残るのは誰だ!?

舞台は山の上のロッジ、登場人物は吹雪でロッジに足止めを食らい、一夜をともにすることとなったワケありの7人の男と1人の女。そこで起こる密室殺人。

一体誰が、何の目的で?吹雪が作り出す密室で、疑心暗鬼で張り詰めた緊張をほぐすため、またお互いを探り合うため、他愛のない会話をかわす面々。やがてそれぞれの素性がすこしずつ明らかになり、偶然集まったかに見えた彼らの過去が繋がり始めた。
ヘイトフルエイト_メイキング そこで再び、予想を超えた出来事がー。

オープニングから気を緩めることのできない、すべての会話と視線、何気ない身振りに仕掛けられた巧妙かつ緻密な伏線。タランティーノ印のブラックな笑いと過剰なアクション満載の、かつてない謎解きを見破ることはできるのか?!

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 
音楽:エンニオ・モリコーネ 
美術:種田陽平
ヘイトフル・エイト 出演:サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、
ウォルトン・ゴギンス、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーン

配給:ギャガ 
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ