松山ケンイチ デ・ニーロ・アプローチな映画『聖の青春』


「東の羽生、西の村山」と並び称された、天才棋士・村山聖(さとし)
病と闘いながら将棋に全てを賭けた、わずか29年の生涯。

感動のノンフィクション小説、遂に映画化!

2016年秋より全国公開となります話題の映画『聖の青春』にて主演キャスト(村山聖役)・松山ケンイチを発表されました!

最近の主演映画のイベントで激太りしていたのは、きっとこれの為。俗に言うデ・ニーロ・アプローチってやつですね。

主人公・村山聖を演じるのは、主演作多数、人気実力を兼ね備える俳優・松山ケンイチ。
人生を将棋に全身全霊捧げた天才棋士役というプレッシャーの中、自ら東京将棋会館に通いつめ、これまでにない驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から村山聖を熱演しています。

聖の青春
メガフォンをとるのは『宇宙兄弟』の森義隆監督。

物語は・・・

村山聖棋士は、幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した。入院中のある日、聖少年は父が何気なく勧めた将棋に心を奪われ、その日から彼は、将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突き進み始めます。

羽生善治ら同世代の天才棋士たちとの死闘、彼を見守る師匠、そして彼を支える父と母の愛情。

自らの命を削りながら将棋を指し、死の床まで将棋のことを口にしていた村山聖の、全力で駆け抜けた壮絶な一生を描いていきます。

松山さんと森監督のコメントが届いています。

松山ケンイチさんのコメント
Q:本作の出演オファーを受けられた際のお気持ち
A:全身全霊をかけても足りない役だと思いました。そういう仕事は大好きです。
Q:原作をお読みになって、村山聖さんについて感じられたこと
A:命を燃やしている方。その激しさに魅せられました。
Q:役づくりについて
A:病を背負われているので内面が一番難しいです。
Q:撮影についてお聞かせください
A:とても順調だと思います。監督とコミュニケーションをとりながらじっくり取り組めています。
Q:公開を待つファンの皆さんへメッセージをお願いします
A:ヒロインが羽生善治さんという硬派な作品です。将棋が好きな方はもちろん、人生をつまらなく感じている方も、何かに夢中になっている方でも、こんな人間がいたんだと魅かれる作品です。“村山聖”は必ず見る人の心に何かを残します。宜しくお願い致します。

森義隆監督のコメント
村山聖の生き様は「人生とは、何なのか」という普遍的な問いをわたしたちに突きつけてきます。30才の松山ケンイチが、映画のなかで、29年という村山聖の短い人生を全力で生き抜いた先に、その答えの一端があるのだと信じて、日々、撮影に挑んでいます。

人間の知の限界に挑戦し続けた天才将棋指しの人生を、師匠、ライバルほか周囲から愛された記憶と共に、愛情豊かに描き出す。最高のキャストとスタッフで贈る、2016 年最も泣ける感動のノンフィクション・エンタテインメントが誕生

映画『聖の青春』

の公開は2016年秋より全国公開となります!!

公式サイト:satoshi-movie.jp

********************************************************************

松山ケンイチ 他
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』   
脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『リンダリンダリンダ』

(C)2016「聖の青春」製作委員会 
配給:KADOKAWA

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ