『獣は月夜に夢を見る』が4月16日公開決定!予告編が解禁


獣は月夜に夢を見る』(原題:When Animals Dream)が4月16日に公開が決定し、予告編が解禁されました。

獣は月夜に夢を見る
解禁された予告は、独創的な美しい映像で始まり、北欧の閉ざされた村で、ある病により迫害されているマリーと、孤独を抱えるダニエルが恋に落ちる、という病を持った少女の恋愛物語。



と思いきや、「お前らは生きているべきじゃない」のセリフや何者かに追われ、襲われるマリーの姿から、村には彼らが知らない秘密が隠されていることがわかります。

マリーとダニエルが秘密を知った時、愛し合う2人はどういう運命をたどるのか、先が気になる展開に目が離せません。北欧ならではの圧巻の映像美で描かれる、逃れられない運命と美しく儚い純愛物語に注目です。

監督はラース・フォン・トリアーの『奇跡の海』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に美術アシスタントとして参加し、本作が初長編作品となるヨナス・アレクサンダー・アーンビー。

本作でアテネ国際映画祭最優秀監督賞受賞。主演のマリー役には本作がデビューとは思えないほどの存在感を示したソニア・ズー。

kemono_sub2
そのほか出演者にはマッツ・ミケルセンの兄で国際的にも活躍しているラース・ミケルセン。ベルリン国際映画祭シューティング・スター賞を受賞し今後が期待されているヤーコブ・オフテブロなど、北欧の才能ある俳優が集結。デンマーク映画批評家協会賞、キャメリメージ映画祭ほかで最優秀撮影賞を数多く受賞した独創的な映像世界で描かれる、恐ろしくも美しく儚いノルディック・ミステリー。

獣は月夜に夢を見る

2016年4月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショーです。

公式サイト:kemono-yume.com

********************************************************************

監督・原案:ヨナス・アレクサンダー・アーンビー
主演:ソニア・ズー、ラース・ミケルセン(「キリング」TVシリーズ)、ソニア・リクター(『しあわせな孤独』『特捜部Q 檻の中の女』)、ヤーコブ・オフテブロ(『コン・ティキ』)

配給:クロックワークス
2014年/デンマーク、フランス/85分/R15 
(C) 2014 Alphaville Pictures Copenhagen ApS

 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ