機動戦士ガンダムUC ユニコーン


『機動戦士ガンダムUC』
(きどうせんしガンダムユニコーン、MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)

『機動戦士ガンダムUC』


第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの逆襲)の終結から3年が経過した、U.C. 0096。
『機動戦士ガンダム』から続く地球連邦とジオンとの一連の抗争に一応の決着を付ける総括的作品。

■episode 1「ユニコーンの日」
第二次ネオ・ジオン戦争の終結から3年が経過した、U.C. 0096。
地球連邦、アナハイム・エレクトロニクス社を影で操ると言われるビスト財団は、新世界の構築を目指し、ネオ・ジオンの残党『袖付き』にある機密を渡そうとする。
それは、宇宙世紀の成り立ちに大きく関わるという最重要機密『ラプラスの箱』の開放を意味していた。
ビスト財団と『袖付き』の取引場所となる工業コロニー〈インダストリアル7〉。ここで暮らしていた学生のバナージ・リンクスは、コロニー内の無重力空間を落下していた少女を発見、救出する。
「戦争を止めたい」と語るその少女=オードリー・バーンに突き動かされたバナージは、『ラプラスの箱』を巡る争乱へと足を踏み入れていく――まるで自らの血脈に導かれるかのように。

■episode 2 「赤い彗星」
U.C.0096 ――。ネオ・ジオン軍と地球連邦軍が戦火を交えた『シャアの反乱』から3年。
開放されれば地球連邦政府を転覆しかねない、といわれる『ラプラスの箱』の譲渡を決意したビスト財団の宗主サイアムは、現当主のカーディアスに、ネオ・ジオン残党軍の『袖付き』との会談を計画させる。だが、『箱』の流出阻止を企図した連邦政府は、特殊部隊エコーズとロンド・ベル隊を派遣。両勢力の戦闘は、工業コロニー〈インダストリアル7〉に惨禍を及ぼす。
今際の際のカーディアスから、『ラプラスの箱』の『鍵』となるモビルスーツ《ユニコ-ン》を託された 少年バナージ・リンクスは、『袖付き』のマリーダ中尉が駆る《クシャトリヤ》と交戦後、ロンド・ベルの強襲揚陸艦《ネェル・アーガマ》に拿獲されてしまう。その艦には、バナージの友人タクヤとミコットと共に、『箱』の譲渡を阻止しようとしてカーディアスと接触した少女オードリーも収容されていた。その《ネェル・アーガマ》に対し、単機で挑みかかるモビルスーツが出現する。《シナンジュ》と呼ばれる真紅の機体を駆る人物こそ、『シャアの再来』 の二つ名を持つ『袖付き』の首魁、フル・フロンタルだった―。

■episode3『ラプラスの亡霊』
U.C.0096――。第二次ネオ・ジオン戦争終結より3年。
『シャアの再来』と言われるフル・フロンタルの《シナンジュ》との交戦により、ネオ・ジオンの残党軍『袖付き』の本拠地・資源衛星〈パラオ〉に《ユニコーンガンダム》と共に拘束されたバナージ。
ロンド・ベルの強襲揚陸艦ネェル・アーガマは、《ユニコーンガンダム》奪還、そしてバナージ・リンクスの救出の為、〈パラオ〉攻略作戦を開始する。
そんな中、リディは地球に向かおうと、密かに艦内よりオードリー・バーンを連れ出し《デルタプラス》で出撃するのだった。
ネェル・アーガマの放つハイパー・メガ粒子砲の奇襲により、瞬く間に戦場と化す〈パラオ〉。
騒乱のなか《ユニコーンガンダム》で離脱するバナージだったが、そこにマリーダの《クシャトリヤ》が再び立ち塞がる。
互いの意志がすれ違う中で、《ユニコーンガンダム》は、NT-Dを発動させ、再び変身を遂げるのだった……。

■episode 4 「重力の井戸の底で」
『ラプラスの箱』を巡る争乱が地上に波及。連邦政府首都ダカールが戦禍に見舞われた。
地球連邦政府の中心人物であるローナン・マーセナスは、『箱』の開放を阻止するため、ロンド・ベル隊司令ブライト・ノアに接触する。
一方、地球へ降下したバナージは、『箱』への新たな情報を開示する場所、トリントン基地
を目指す。だが、ジオン残党の怨念はMA《シャンブロ》を駆るロニを殺戮へと駆り立て
てしまうのだった――。

■episode 5「黒いユニコーン」
黒きMS《バンシィ》に急襲され身柄を拘束されるバナージ。八方塞がりの状況下、《ユニコーンガンダム》が開示した『ラプラスの箱』への新たな座標を秘匿し続けるバナージに、
ロンド・ベル隊司令ブライトは歴代のガンダムパイロットが見せてきた矜持と可能性を見いだし、その助け手は彼と共に戦った旧知の人物へと繋がっていく。
一方、ローナンからマーサに引き渡されたミネバは、バナージに口を割らせるための駒として超大型輸送機《ガルダ》へ移送されてしまう。『箱』を巡る戦場は、超高々度の翼上
へ、やがて再び宇宙へ飛翔する――。

■episode 6「宇宙(そら)と地球(ほし)と」
フル・フロンタルの介入で地球連邦軍艦隊の追撃を逃れた《ネェル・アーガマ》は、『袖付き』との共同戦線をやむなく受け入れる。
一方、対連邦の秘策を明かして『ラプラスの箱』への次なる座標の聞き出しを目論むフロンタル。その語る未来の非情な酷薄さに慄然するバナ
ージとミネバ。そんななか、一隻の連邦軍哨戒艦が《ネェル・アーガマ》に接近する。哨戒艦の爆沈か、『袖付き』との共同戦線の破棄か…。
敵味方の狭間で苦悩するバナージ達の選択は――。

【キャスト】
バナージ・リンクス:内山昂輝/ミネバ・ラオ・ザビ(オードリー・バーン):藤村 歩/
フル・フロンタル:池田秀一/アンジェロ・ザウパー:柿原徹也
リディ・マーセナス:浪川大輔/マリーダ・クルス:甲斐田裕子/
スベロア・ジンネマン:手塚秀彰/ブライト・ノア:成田 剣/マーサ・カーバイン:塩田朋子
アルベルト・ビスト:高木 渉/フラスト・スコール:小山力也/
タクヤ・イレイ:下野 紘/ミコット・バーチ:戸松 遥/オットー・ミタス:内田直哉
コンロイ・ハーゲンセン:三宅健太

原作:矢立 肇・富野由悠季/監督:古橋一浩
脚本:むとうやすゆき/ストーリー:福井
晴敏/オリジナルキャラクターデザイン:安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン:高橋久美子
モビルスーツ原案:大河原邦男/メカニカルデザイン:カトキハジメ・
石垣純哉・佐山善則・玄馬宣彦/音楽:澤野弘之/企画・製作:サンライズ
©創通 ©サンライズ ©バンダイ

********************************************************************


この映画に関して皆さんの評価をお願いします。(星を押すと投票できます)


********************************************************************

機動戦士ガンダムUC(きどうせんしガンダムユニコーン)はOVAですが、作品が出る度に劇場本公開します。
因みにepisode6発売は2013年3月22日です。

舞台は映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の世界。
1作目のガンダムでドズル・ザビが奥さんと共に逃がしたミネバ・ラオ・ザビがティーンネイジで現れるなどガンダムファンの心をクスグル設定です。

大人向けガンダムです。

ブライトさんが今回から成田 剣さんになっていますが、僕には違和感がありません。皆さんはどうでしょう。
********************************************************************





関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ