映画「桜ノ雨」2016年3月5日公開決定&特報完成!


山本舞香、猛特訓の合唱シーン初披露!

ボーカロイドで火が付き、ミリオンヒットを記録。今や卒業ソングの定番となった神曲「桜ノ雨」。曲を元にした小説も大ベストセラーに。

そして、小説を基にした映画版『桜ノ雨』の公開が2016年3月5日(土)に決定しました。

今回、特報&場面写真解禁、第1弾ポスター完成。特報では主演の山本舞香ほか総勢35名のキャストたちが2ヶ月間におよぶ特訓を重ねた「桜ノ雨」の合唱を披露しています!



主人公を演じるのは、第14代リハウスガールで、現在「JR SKISKI」のCMに出演中、山本舞香。
「桜ノ雨」s
主人公が思いを寄せる合唱部部長役には、NHK連続テレビ小説「マッサン」などに出演し、ブレイク中の浅香航大。
「桜ノ雨」s2

監督は、野心作『リュウグウノツカイ』で衝撃デビューを果たした新鋭・ウエダアツシがメガフォンをとっています。


山本舞香さんのコメント
初主演が「桜ノ雨」という親しみのある作品で良かったと思います。「合唱ってすごいな」と思っていただけると嬉しいです。私も初めて歌のソロに挑戦しました!未来という役を通して観てくださるみなさんに何かを伝えられたらいいな。と思います。

物語・・・
小さな町の海辺にある、決して強豪校とは言えない音浜高校の合唱部。内気で何の取り柄もない高校2年の未来(みく)は、歌うこと、そして部長のハル先輩が大好きだけれど、この気持ちを“恋”と呼ぶかはまだ分からない。
「桜ノ雨」サブ8_軽
そんなある日、鬼顧問・芽依子先生の退職が決まり、最後の出場となる合唱コンクールで頂点の金賞を目指すことに。しかし、昨年の文化祭でも合唱部で歌った大好きな「桜ノ雨」を歌いたいと思っている部員たちの思いとは裏腹に、金賞を狙うため芽依子先生が用意した歌唱曲は高度な難曲だった。ハードな練習を前に部員たちの気持ちはバラバラになり、不協和音が響き出してしまう…。

同じ頃、親友の友梨からはハルへの想いを打ち明けられ、そのハルも自身の将来に向けてある決意を抱いていた。早すぎる周囲の変化に、どこか取り残されてしまったような不安でいっぱいになる未来。コンクールまで練習を積み重ね、何とか形にはなった歌唱曲だが、部員たち自身も自信を持って歌える仕上がりには程遠かった。だが、「大好きなみんなと、大好きな曲を歌いたい!」という未来のひたむきな思いが、少しずつ部員たちの心を動かし、ついに大きな決断をする。
「桜ノ雨」s1
過去記事:山本舞香は涙!「桜ノ雨」東京国際映画祭で合唱

IMG_9601 東京国際映画祭での合唱イベント風景

********************************************************************

「桜ノ雨」ポスター出演:山本舞香 浅香航大 / 広田亮平 久松郁実 / 三浦透子 井上由貴 中村大樹 きそひろこ / 田畑智子 奥貫 薫

原作・原案:halyosy  
製作総指揮:吉田尚剛  
脚本:小林弘利  
監督:ウエダアツシ
製作:『桜ノ雨』製作委員会  
制作プロダクション:デジタル・フロンティア  
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会


  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ