山田洋次監督が長崎大学で特別授業!映画『母と暮せば』


戦後70年、山田洋次監督が長崎を舞台に描く『母と暮せば』。

原爆で息子を亡くしてから3年後、突然目の前に現れた息子と過ごす、奇妙だけれど幸せな時間。母と息子の強い愛情を描いた、山田監督が初めて手掛けたやさしく泣けるファンタジー。
今回、映画の撮影も行われた、二宮さん演じる「浩二」が通っていた長崎大学医学部(当時:長崎医科大学)にて、現役医学生たちとともに、長崎から平和を考えるイベントを実施。

「浩二」役のモデルにもなった、元長崎大学長の土山秀夫氏と、本作の山田洋次監督による講義を行い、長崎大学医学部記念講堂では、開演前から立ち見が出る程の熱気に包まれ、立ち見も含む450人の医学部医学科、医学部保健学科の生徒が集まりました。

『母と暮せば』長崎大学イベント
『母と暮せば』長崎大学イベント

日程:12月9日(水)
場所:長崎大学医学部 記念講堂
登壇者:元長崎大学長の土山秀夫氏、山田洋次監督 
サプライズゲスト:吉永小百合、二宮和也 

司会の呼び込みにより、土山先生、山田監督が入場。

監督の挨拶のあと、学生との質疑応答がはじまりました。土山先生の戦争当時の学生時代のお話や、山田監督の本作にこめた母と息子との描き方のお話のあと、司会より、今日はサプライズで吉永さん、二宮さんが来ている事が告げられると、場内からは驚きの声が上がりました。


司会の呼び込みで吉永さん、二宮さんが登場すると、「キャー!!」「うそー!!」と割れんばかりの大歓声が上がりました。

吉永:今回は長崎大学医学部の皆さんに大変お世話になりました。
撮影に入る前に伺って、原爆でひしゃげた門柱などを見せていただいたり、学生さんにお話を伺ったりしました。実はおじが長崎大学の医学部を1938年に卒業して、戦争に行ってマラリアになったけれども戻ってきて、長崎でドクターをしていました。だからとても懐かしいところに帰ってきた気持ちです。是非映画もご覧ください。

二宮:映画の中では皆さんの先輩と言う事で、気になる事があればいつでも聞いてください。(笑)
本当に僕自身、戦争を知らない世代で、そういう年代でも、土山先生のようなかたからお話を聞けるのはとても有意義なことだと思うので、是非それを噛み締めて。映画を観てほしいです。

山田監督:皆さんにご紹介しますが、土山先生の青春時代の話をたくさん伺って、この映画の中にもずいぶん使わせて頂いたエピソードがたくさんあります。土山先生のお兄さんが憲兵に捕まってひどい目にあって、それをお母さんが助けに行ったとか、そういう面白い話がたくさんあり、色々おはなしをしている中で、二宮君のモデルは土山先生と言っていのではないかと思っています。よくみると土山先生もとても美男子なんです。

(会場笑い)
若い頃は二宮くんよりカッコ良かったかもしれないね。

土山先生:無理なさらないでください(笑)

山田監督:どんなに若いとききれいだったのか、と思わせる土山先生が、浩二のモデルであります。

『母と暮せば』舞台挨拶イベント

日程:12月9日(水)
場所:ユナイテッド・シネマ長崎
登壇者:山田洋次監督、吉永小百合、二宮和也

ユナイテッド・シネマ長崎にて行われた舞台挨拶イベント。
山田監督、吉永さん、二宮さんは客席を通って登場。あまりに近くからの登場に、観客の黄色い完成に包まれました。

長崎にちなんだ話題で盛り上がる山田監督、吉永さんそして二宮さん。時折起こる笑いに、劇場は温かい雰囲気となりました。また本舞台挨拶では1万人のピースプロジェクトで作られた巨大バナーがバックに飾られており、巨大バナーを見た3人は、驚きと共にとても喜んでる様子でした。


<囲み取材コメント>
吉永:土山先生は撮影に入る前に原爆資料館を見学したときに来てくださり、当時のお話聞かせてくれて。
浩二のモデルにもなっているんですが、ずっとお元気でいてほしいと思っています。
映画の感想も、よかったですよ、と言ってくださって。今日もまた観てくださるそうです。
実は私の叔父が長崎医大の出身で、その娘さんも長崎医大の方と結婚されていて。叔母は今も山の高いところに住んでいるんです。長崎に来ると懐かしい想いがします。

二宮:浩二のモデルとなった土山先生と再会して、お話しする姿も、喋る声も明瞭で、お元気でいてくださる姿を見られて嬉しかったです。ご無沙汰してすみません、完成しましたよ、という話をしました。
長崎に戻ってきたな、という感じがありましたね。
(土山先生に撮影前に)お話を聞いて、僕だけではなく、一緒にいたスタッフも、改めてそういうお話を聞ける事で、またちゃんと考えるきっかけを与えてくれた方で、役を作る、みんなで作品を作るというベクトルを向けてくれたんではないかなと思います。被爆した時のお話はすごく印象的というか、不思議な感じがしました。
70年前のたった1日の話を覚えていて、体験した人にしかわからない、起きた時からの一日の流れが明確なんです。

山田監督:井上さんが生きててこの映画を観たらなんて言うかは心配になるけど、優しいひとだからニコニコ笑ってよかったですよって言ってくれると思います。井上さんには出来なかった事を僕がやってたとすればとても嬉しいけれど、井上さんがどう感じたかは怖くはありますね。

映画『母と暮せば』長崎大学で山田洋次監督が特別授業!

12月12日(土)より全国ロードショー

公式サイト:http://hahatokuraseba.jp/

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。
『母と暮せば』
********************************************************************

出演:吉永小百合、二宮和也、黒木華 浅野忠信 加藤健一
監督:山田洋次 
音楽:坂本龍一
脚本:山田洋次・平松恵美子
製作:「母と暮せば」製作委員会 
制作・配給/松竹株式会社 
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
   
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ