アピチャッポン監督特集上映作品発表!!


タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の最新作『光りの墓』の3月公開に先駆け、幻の傑作『世紀の光』(06)の日本初劇場公開と同時期に、特集上映<アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016>を2016年1月9日よりシアター・イメージフォーラムにて開催となります。

そして、その上映作品とタイムテーブルが決定しました。

アピチャッポンインザウッズ2016
1月9日からの『世紀の光』+「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」に始まり、3月には最新作『光りの墓』が公開、さらにアートの分野でも、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、「さいたまトリエンナーレ2016」への参加、さらには、東京都写真美術館での個展も予定されています。

2016年は、<アピチャッポン・イヤー>。その魅力をたっぷりと味わってみてください!

特集上映<アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016>概要

日程:2016年1月9日(土)~2月5日(金)<4週間>
会場:シアター・イメージフォーラム (東京都渋谷区渋谷2-10-2)
上映作品:
①『真昼の不思議な物体』 
2000|タイ|モノクロ|35mm|83分

②『ブリスフリー・ユアーズ』 
2002|タイ|カラー|35mm|125分

③『トロピカル・マラディ』 
2004|タイ、フランス、イタリア、ドイツ|カラー|35mm|118分

④『ブンミおじさんの森』 
2010|イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン|カラー|35mm|114分

⑤アートプログラム<中・短編集>:「ナブアの亡霊」ほか7作品
*各作品の詳細、および画像コピーライトは添付のリリースをご確認ください

タイムテーブル:
※下記の特集上映公式サイトにて、12/1よりアップ予定。
http://www.moviola.jp/api2016/woods 

配給・宣伝:ムヴィオラ  
宣伝協力:boid 
協力:Kick the Machine Films、Tamasa Distribution、山形国際ドキュメンタリー映画祭、コミュニティシネマセンター、トモ・スズキ・ジャパン

光りの墓
舞台はタイ東北部の町コーンケン。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たちが移送されてくる仮設病院。そこでは色と光による療法が行われている。ある日、その診療所を訪れたジェンは、前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性と知り合う。そして、かつてその病院の地下に王の墓があったことを知り、古代の人々と兵士たちの眠り病に関係があることに気づく……。

光りの墓

2016年3月シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

公式サイト: www.moviola.jp/api2016

********************************************************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ