人気コーヒーショップ、Little Nap COFFEE STANDオーナー・濱田大介さんが語るコーヒーカルチャーとは?

「人生の一本に会いに行く。」をキーワードに毎回多彩なゲストを“館長”に招いて、おすすめの映画を一本紹介する“原宿シネマ”と、コーヒーのドキュメンタリー『ア・フィルム・アバウト・ コーヒー』が先行上映タイアップイベントを開催するそうです!

原宿シネマ

“館長”さんは、本作にも出演されているLittle Nap COFFEE STANDのオーナー・濱田大介さん。

上映後のトークゲストには、BEAMS創造研究所 クリエイティブディレクターの青野賢一さんをお招きして「コーヒーカルチャー」についてのトークショーを開催。Little Nap COFFEE STANDのコーヒーも一緒に楽しんでいただき、コーヒーの薫りが漂う空間になること間違いなしの 本イベント。

★coffee9

コーヒーカルチャーって、そもそも何?

コーヒーはよく飲むけど、実態がつかめていない方も多いかと思います。人気コーヒーショップのオーナーと、BEAMSのクリエイティブディレクターに分かりやすく解説していただき、東京のコーヒーカルチャーでは何が起こっているかもお話いただきます。

原宿シネマ×A Film About Coffee ~コーヒーカルチャーを感じる映画たちvol.1~
日時:12/6(日)13:30 開場・14:00開演
場所:原宿VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13)
入場料:一般1900円、学割1600円(映画の前売り券はご使用になれません)

~館長・Little Nap COFFEE STANDのオーナー濱田大介さんからのメッセージ~

濱田さん写真
僕達バリスタは最終的な仕事の締めを届けています。どれだけいいコーヒー豆があっても生かすも殺すも僕達の仕事次第です。 よくお店やバリスタが注目されていますが、ここ近年生産者をよく理解し本質が高まってきています。この映画はそんな第一次生産からの行程からバリスタの仕 事まで生々しく描かれています。本質にたどり着くと今までのコーヒーとひと味変わるのでは、そんな映画だと思います。

濱田大介(Little Nap COFFEE STAND (オーナーバリスタ))
1997年イタリア各地を旅して、エスプレッソを初めて口にするとともにバール文化に触れる。そのあとすぐにバリスタとして活動。

2011年ANDオープンその後カフェ、レストランのバリスタ育成、店舗プロデュースを経て 2011年原点回帰として自身のアトリエ兼公園横の売店(Little Nap COFFEE STAND)スタート代々木公園沿いの閑静な住宅街の中に Little Nap COFFEE STANDと名付けられたその店は、どこか工房を彷彿させる無骨な雰囲気ではあるものの、決して息苦しくなるような空間ではない。言うなれば、地域で暮ら している人たちや、そこで仕事をしている人たちがふらっと立ち寄れる、ちょっと気の利いた売店。そんなやりとりが毎日のように営まれて、街に新しい時間の 過ごし方を生み出している。

2012年 Bridgeプロデュース運営、日本橋COFFEE in the HOUSE、VACANT内にショップインショップNEW COFFEE STEPPERSスタート DJ、ミュージシャンとも親交が厚くイベントのオーガナイザーもつとめる。

http://www.littlenap.jp/

トークゲスト 青野賢一
個人のソフト力を主に社外のクライアントワークに生かす「ビームス創造研究所」に所属するクリエイティブディレクター、BEAMSの音楽部門〈BEAMS RECORDS〉のディレクター。執筆、編集、選曲、他企業の外部ディレクターなど、ファッションから文芸まで、正体が掴みにくい活動を行っている。『ミ セス』、『In The City』、『TV&smile』(ウェブマガジン)、ぐるなびのキュレーションサイト『ippin』などで連載中。

www.beams.co.jp

原宿シネマとは?
原宿VACANTにて、不定期に開催される上映イベント。
人生の一本に会いに行くをテーマに毎回、毎回多彩なゲストを館長としてお招きして、自ら野人生に強烈な影響を与えた傑作映画を紹介する。

公式サイト http://www.harajukucinema.com/

『A Film About Coffee』(ア・フィルム・アバウト・コーヒー)

「おいしいコーヒー」はどこから来るのだろうか?
コーヒーを愛するすべての人におくる Seed to Cup(種からカップまで)の物語

「究極のコーヒー」を求め、豆の選定、焙煎、ドリップ方法……様々なアプローチで追求するコーヒーのプロフェッショナルたち。本質を追い求める姿はまるで求道者のようだ。ここ数年で拡大を見せる、高品質で風味の優れた「スペシャルティコーヒー」の市場。その担い手たちは従来の“質より量”のコーヒー業界のカウンターとして、豆の生産地からカフェに至るまでのあらゆる場所に新たな経済の仕組みを息吹かせ始めている。コーヒーから始まるこの変革の姿を美しい映像とともに作り上げたのは、サンフランシスコ在住のCMクリエイター、ブランドン・ローパー監督。本作は自主制作映画でありながらも、世界30カ国108都市のコーヒー愛好者の手で自主的な上映会が開催され話題を呼び、ついに本国アメリカでも配給が決まった。コーヒーへの深い愛情が育んだ本作は、知られざる Seed to Cup(種からカップまで)の物語であり、琥珀色の神秘の液体の奥深い世界へいざなう招待状だ。観た後は、コーヒーがより身近に、より愛しく思えるだろう。

映画『A Film About Coffee』(ア・フィルム・アバウト・コーヒー)

12月12日より新宿シネマカリテにて公開(モーニング&レイトショー)です。

公式サイト:http://afilmaboutcoffee.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/afilmaboutcoffee
Twitter:https://twitter.com/coffee_film_jp

********************************************************************

【主な出演者(海外)】
「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤー ダリン・ダニエル

「ハンサム・コーヒー・ロースターズ」共同オーナー/2010年世界バリスタ・チャンピオン マイケル・フィリップス

「ブルーボトルコーヒー」オーナー ジェームス・フリーマン

「カウンター・カルチャー・コーヒー」バリスタ/2012年全米バリスタ・チャンピオン ケイティ・カージュロ

「リチュアル・コーヒー・ロースターズ」オーナー アイリーン・ハッシ・リナルディ

「リチュアル・コーヒー・ロースターズ」バリスタ ケヴィン・ボーリン

「コアヴァ・コーヒー・ロースターズ」バリスタ デヴィン・チャップマン

「G&Bコーヒー」共同オーナー/2008年全米バリスタ・チャンピオン カイル・グランビル

「ラ・マルゾッコ」CEO ケント・バッケ

【主な出演者(東京)】
表参道「大坊珈琲店」(※2013年に閉店)オーナー 大坊勝次
下北沢「ベアポンド・エスプレッソ」オーナー 田中勝幸
表参道「オモテサンドウ・コーヒー」オーナー 國友栄一
代々木公園「リトルナップ コーヒースタンド」オーナー 濱田大介
富ヶ谷「フグレン・トウキョウ」オーナー 小島賢治

監督:ブランドン・ローパー
出演: ダリン・ダニエル(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)、マイケル・フィリップス(ハンサム・コーヒー・ロースターズ)、ジェームス・フリーマン(ブルーボトルコーヒー)、ケイティ・カージュロ(カウンター・カルチャー・コーヒー)、アイリーン・ハッシ・リナルディ(リチュアル・コーヒー・ロースターズ )、大坊勝次(大坊珈琲店) 、田中勝幸(ベアポンド・エスプレッソ)ほか
(2014 年 / アメリカ / 66 分 / 16:9 / DCP)

監督:ブランドン・ローパー
出演: ダリン・ダニエル(スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ)、マイケル・フィリップス(ハンサム・コーヒー・ロースターズ)、ジェームス・フリーマン(ブルーボトルコーヒー)、ケイティ・カージュロ(カウンター・カルチャー・コーヒー)、アイリーン・ハッシ・リナルディ(リチュアル・コーヒー・ロースターズ )、大坊勝次(大坊珈琲店) 、田中勝幸(ベアポンド・エスプレッソ)ほか

(2014 年 / アメリカ / 66 分 / 16:9 / DCP)
提供:シンカ/メジロフィルムズ 
配給・宣伝:メジロフィルムズ
© 2014 Avocados and Coconuts.
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ