異性愛と同性愛は両立できるのか?

三島由紀夫を敬愛するスカッド監督最新作は、“男女男”の新しい愛の世界を示唆する『ユートピア』が016年1月16日、劇場公開決定!

裸体が登場する作品群で知られる香港インディーズ界の奇才スカッド(SCUD/雲翔)監督の『ボヤージュ』に続く第6作『ユートピア』がついに完成!!

年明け1月16日より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となります。

utopia

前作は「鬱」や「死」という深淵なテーマをグローバルな視点で描いた作品でしたが、本作はパーソナルな世界に立ち戻り、男女の新しい愛の在り方を模索する作品となっています。主人公は大学生のカップル。

カトリック信者の彼女とは婚前交渉も我慢する真面目な男子大学生が、三島由紀夫の作品に傾倒していた時に、自由奔放なゲイの教授が現れ…というストーリー。主人公のふたりは悩みながらも、教授たちの手ほどきで新たな愛のユートピアに足を踏み入れていきます。

主人公の青年、ヒンズを演じるのは、中国の映画やドラマで活躍しているモデル出身のアドニス。これまでに、香港の“超アイドルスター”のオスマン・ハンや、“ミスター香港”のバイロン・パンを、自身の作品群でオールヌードにし、香港のエンタメ業界に激震を走らせてきたスカッド監督が、新たに裸にしたのが、このアドニスです。本作で監督のアート的演出は益々飛躍し、アドニスにとって<衝撃の長編映画デビュー>となりました!

スカッド監督が敬愛する三島由紀夫と、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、デレク・ジャーマンに捧げられている本作は、自伝的作品である2作目の『パーマネント・レジデンス』、ドラッグと愛を描いた3作目の『アンフェタミン』に続く「3部作・完結編のパイロット版」と言われており、今後のスカッド作品の新たなシリーズのスタートにもなっています。

性の垣根を飛び越えることが咎められなくなってきた今。もしも、自分の恋人が突然、同性愛者になってしまったら・・・という不安を持つカップルにも興味深い内容になっています。ちなみに、本作に登場する三島由紀夫作品は「仮面の告白」と「暁の寺」。読んだことのある方には、より細かい楽しみ方ができるはずです。

ユートピア

2016年1月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!

公式サイト:http://museplanning.co/scud/utopia.html

********************************************************************

監督・原案・製作:スカッド
撮影:ネイサン・ウォン
出演:アドニス、ジャッキー・チャオ、モウ・チン、フィオナ・ウォン ほか
2015年/香港/中国語/94分/シネマスコープ
原題:UTOPIA
提供・配給:ミューズ・プランニング
宣伝:村井卓実
©アートウォーカー

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ