アンドリュー・ガーフィールドが主演する社会派サスペンス『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』が、2016年1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。

ドリーム-ホームs4

たった2分で<わが家>から追い出されたら-?『ドリーム ホーム』緊迫度満点の予告編解禁となりました!

映像では、無職のシングルファーザーであるデニス(ガーフィールド)と母親のリン(ローラ・ダーン)は、突然不動産仲介業者のリック(マイケル・シャノン)から家が銀行によって差し押さえられたことを告げられ、たった2分の猶予で強制退去させられる。デニスは、家族を守り家族の想い出が詰まった家を何としても取り戻したいという一心で、殺したいとさえ思ったリックのもとで働くことを決意。良心の呵責にさいなまれながらも、かつて自分が受けた仕打ちをする立場になっていく。

しかし、それをリンに話すことができず、ついに親子が対立の時を迎えることになる様子を緊迫度いっぱいに捉えています・・・。絶望のどん底から虚構に満ちた成功を手にしたかと思えば、再び訪れる絶望という、ジェットコースターのようなデニスの苦悩を通じて、人生と“家”についての意味を問いかけるエモーショナルなドラマの一端を垣間見ることがでます。

ドリーム-ホーム_ポスター.jpgガーフィールドは、脚本をわずか30ページ読んだだけで心を揺さぶられ、

ガーフィールド:『ドリーム ホーム』は、罠から抜け出せずに、がんじがらめにされ続けている人々に真のコミュニティを作ることを阻止する何物かについての映画だ。

一旦、人として敬うべき価値観よりもドル記号に重きを置き始めると、トラブルが起き、全員が敵に思えてきて、コミュニティのある社会よりも競争社会にハマってしまう。

そういうことが描かれていて、僕に大きな衝撃を感じさせてくれたんだ。

とその印象について語ってます。

<家(ホーム)> それは家族の絆 還る場所 そして儚い夢―

『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

2016年1月30日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

公式サイト:http://dreamhome99-movie.com/
公式Twitter:dreamhome_movie

********************************************************************

無職のシングルファザー、デニス・ナッシュ(アンドリュー・ガーフィールド)は、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。たった2分間の猶予しか与えられず―。家族の思い出が詰まった家を何としてでも取り戻そうとするナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカー、リック・カーバー(マイケル・シャノン)に金で釣られ、彼の儲け話に手を染めていく。それは法の穴を抜け、銀行や政府、そしてかつての自分と同じ境遇の人々を巧みに操り、家を差し押さえて大儲けするというビジネスだった。母親と息子に真実を言えないまま、人々を破綻させ大金を稼いでいくナッシュ。それによってやがて自らも大きな代償を払うことに気づくのだが・・・。

監督:ラミン・バーラニ
脚本:ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ『CUT』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『アメイジング・スパイダーマン』/マイケル・シャノン『マン・オブ・スティール』、ローラ・ダーン『わたしに会うまでの1600キロ』

2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ
原題:99Homes
日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム 
©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ