今年のカンヌ国際映画祭<ある視点部門>に出品された、タイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の最新作「CEMETERY OF SPLENDOUR」(英語題)を、邦題『光りの墓』というタイトルで、2016年3月、シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開することが決定しました。

光りの墓

公開に先駆けて2016年1月には、アピチャッポン幻の傑作『世紀の光』(2006年作)を日本初劇場公開し、併せて旧作長編とアートプログラムを組み合わせた、アピチャッポン・ウィーラセタクンの特集上映を開催されるそうです。

舞台はタイ東北部の町コーンケン。原因不明の“眠り病”にかかった兵士たちが移送されてくる仮設病院。そこでは色と光による療法が行われている。ある日、その診療所を訪れたジェンは、前世や過去の記憶を見る力を持った若い女性と知り合う。そして、かつてその病院の地下に王の墓があったことを知り、古代の人々と兵士たちの眠り病に関係があることに気づく……。

これまでのアピチャッポン作品にも共通するモチーフ、タイ東北部、病院、森、前世、記憶をさらに感動的なイマジネーションで描く本作は、アピチャッポンの映画作家としてのさらなる進化を感じさせ、また近年のタイにおける政治状況に対する想いも込められた紛れもない傑作だ。カンヌではコンペ部門への参加が早い段階から期待されていたが、なぜかコンペではなく、<ある視点>部門へ。その処遇に多くの映画ジャーナリストがカンヌ批判を繰り広げたことでも話題をよんだ作品である。

そして!
2016年は、この新作『光りの墓』に先駆けて、1月に“幻の傑作”としてファンの間で人気が高い2006年作の『世紀の光』を日本劇場初公開し、あわせてアピチャッポンの旧作長編とアートプログラムをあわせた特集上映を開催。またアートの分野でも、福岡、青森、横浜での展覧会やワークショップ、9月から開催される「さいたまトリエンナーレ2016」への参加、その後には東京都写真美術館での個展も控えています。

光りの墓

2016年3月シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

公式サイト: www.moviola.jp/api2016

********************************************************************

監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
原題:รักที่ขอนแก่น 英語題:CEMETERY OF SPLENDOUR
2015年|タイ/イギリス/フランス/ドイツ/マレーシア|122分|5.1 surround|DCP
字幕:間渕康子 字幕協力:福冨渉
配給:ムヴィオラ  © Kick the Machine Films/ Illuminations Films 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ