12月12日(土)より公開となります、山田洋次監督の83作目となる最新作『母と暮せば』。

1948年8月9日、長崎で助産婦として暮らす母のもとへ、3年前に原爆で亡くしたはずの息子がひょっこり現れる。楽しかった思い出話や、残していった恋人の話をして過ごす二人の日々を描いた、山田監督が初めてつくる、やさしく泣けるファンタジーです。

今回、音楽を坂本龍一さんが手掛けるということも話題となっている本作ですが、この度、タワーレコードとのコラボレーションが実現し、「NO MUSIC, NO LIFE.」キャンペーンの意見広告シリーズに、山田洋次監督と坂本龍一さんが登場することが決定しました!!
『母と暮せば』タワレコ_山田監×坂本

このキャンペーンは、1996年から音楽そのものを応援するためにスタートし、様々なアーティストが参加しているもの。2008年からはアーティストが音楽(MUSIC)と世の中(LIFE)との接点を語る意見広告のシリーズとなっています。

本キャンペーンは、11月17日(火)から、全国のタワーレコード全86店にて、約2か月間展開される予定です。

山田監督と坂本さんからコメントが届いてます。

■山田洋次
「歌を忘れたカナリアは…」という童謡が昔あったけど、今の日本人は歌うことがない。更に云えば歌うことを奪われていると思う。 ぼくたちは自分の歌をうたうことをとり戻さなくてはならない。                                                                      
                                                                    
■坂本龍一
約1万年前まで、人類は長い定常状態のなかで暮らすことが多かった。その遺伝子は今でもぼくたちのなかに受け継がれている。しかし現代、特に20世紀以降、社会環境、自然環境、おまけに気候まで常に変動するなかにぼくたちは置かれている。
体や心にいろいろな不具合が生じるのも当然だ。
音楽は必ずぼくたちの思考や心から生じるので、そのような激変に常にさらされていることは音楽に大きな影響を与えるだろう。そのなかにあって常に変わらぬものを求めることも、また音楽なのである。

【ストーリー】
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

公式HP:http://hahatokuraseba.jp/ 
公式Facebook:https://www.facebook.com/hahatokuraseba
公式Twitter:https://twitter.com/hahato_kuraseba

12月12日(土)全国ロードショー

********************************************************************

吉永小百合 二宮和也 黒木華 浅野忠信 加藤健一 広岡由里子 本田望結 小林稔侍 辻萬長 橋爪功

監督/山田洋次  
脚本/山田洋次・平松恵美子
製作/「母と暮せば」製作委員会 
制作・配給/松竹株式会社 
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ